メディカル・データ・ビジョンが経産省の事業参画など好感され急伸

2016年7月22日 12:17

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業」

 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東マ)は22日の前場、中盤から急伸し、7%高の2041円(132円高)で昼休みとなった。経済産業省が実施する委託事業に参画することを発表し、期待が高揚した。本日のストップ高は400円高の2309円になる。

 経済産業省が実施する委託事業「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(企業保険者等が有する個人の健康・医療情報を活用した行動変容促進事業)」に、医療データ利活用のノウハウや知見をもつ企業として参画する。詳しくは(https://www.mdv.co.jp/press/2016/detail_635.html)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【どうみるこの相場】日経平均の行方、2月安値に対する二番底形成の可能性(2016/06/15)
二番底は嫁を質に入れても買え=犬丸正寛の相場格言(2016/06/11)
【注目銘柄】ヤマダ電機は今期2ケタ増益で株価出直り鮮明(2016/06/22)
【業績でみる株価】加賀電子の今3月期はモバイル端末減速で減益だが、株価にはほぼ織込む、指標そろって超割安(2016/06/21)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事