綿半ホールディングスは「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープン

2016年4月5日 06:02

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

綿半ホールディングス<3199>(東1)は、同社グループが運営する「綿半スーパーセンター塩尻店」の隣接地に、大型サッカー施設「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープンすると発表した。

綿半ホールディングス<3199>(東1)は、同社グループが運営する「綿半スーパーセンター塩尻店」の隣接地に、大型サッカー施設「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープンすると発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■主に少年用のサッカーグラウンドとしての利用を想定

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は、同社グループが運営する「綿半スーパーセンター塩尻店」の隣接地に、大型サッカー施設「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープンすると発表した。

 4月1日には同施設の完成を記念して「完成記念式典」が行われた他、施設を運営するJFC及び松本山雅FC主催のオープニングイベントや記念大会などが開催された。

 同施設では、一般向けにグラウンドを時間貸しする他、松本山雅FCのサッカースクールの練習場や各種イベントの会場として使用する予定である。また、松本市及び塩尻市サッカー協会による小学生リーグの試合会場としても使用の予定であり、主に少年用のサッカーグラウンドとしての利用を想定している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】アカツキは連日の上場来高値、大幅増益業績を見直して直近IPO株買いが増勢(2016/03/24)
【アナウンサー神主のため息】僕はコウノトリに運ばれてきた?(2016/03/31)
【株式評論家の視点】マルマエは新中期経営計画で営業利益10億円、東証1部上場目指す、ロボットでも注目(2016/03/25)
【ドクター箱崎幸也の健康増進実践法】『社会貢献』はサクセスフルエイジング達成の重要な因子(2016/03/15)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング