米国政府、ISISを標的にサイバー攻撃を開始

2016年3月11日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 米国がイスラム系過激派組織ISISに対してサイバー攻撃を開始したそうだ。米国防長官のAshton Carter氏が明らかにした(CNET Japan)。

 サイバー攻撃の目的は、「命令指揮系統を妨害(および)遮断すること、同組織のネットワークの信頼性を喪失させること」など。米国主導の有志連合による地上戦に先駆け、同過激派組織の通信を遮断することを狙っているようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 軍事 | インターネット | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
サイバー攻撃グループ、ターゲットを米国機関からアジアや日本のインフラに切り替えた? 2016年03月01日
社会インフラに対しサイバー攻撃を行ってシステムの安全性を分析する計画、2016年度に実施 2015年12月24日
AnonymousによるISISへのサイバー攻撃、事態を悪化させるだけ? 2015年11月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース