電算システムはフィリピン最大手の収納代行窓口企業、シーアイエスバヤドセンター社と合意覚書を締結

2016年3月10日 16:44

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■両社共同で同国内の小売業店舗の開拓をすることに合意

 電算システム<3630>(東1)は10日、フィリピン最大手の収納代行窓口企業であるシーアイエスバヤドセンター社と収納代行サービス事業に関する合意覚書を締結したことを発表した。

 当社とバヤドセンターは、当社が日本で提供している収納窓口サービス、ビズエージェントをフィリピン国内の小売業店舗で収納代行が取扱いできるよう専用のソフトウェアとして開発の上バヤドセンターに提供し、両社共同で同国内の小売業店舗の開拓をすることに合意した。

 合意の背景には、フィリピンの収納代行サービスは、日本で行われているようなバーコード等で統一した収納方式がないことから、企業、政府機関が発行する請求書を消費者がバヤドセンターの窓口に差し出し支払い受付する際の取扱業務は、請求書を発行する企業、政府機関ごとで、それぞれ異なっており、煩雑な処理が必要となり受付に時間がかかっているという現状がある。また、窓口を利用する消費者にとっても、料金支払いのために長い列に並ぶ必要があり、多くの時間を費やしている。このような業務の簡素化を実現するために、当社とシーアイエスバヤドセンター社は収納代行サービス事業に関する覚書書を締結した。

 覚書書の具体的な内容は、当社は、提供するソフトウェア、サービスの提供の対価として、バヤドセンターから利用料金を受け取る。また、当社の社員を同社に派遣すると共に日本からのサポート体制を整えてサービス運営の支援を行うことと合わせ、両社で今後のビジネス・パートナーシップの更なる構築を推進する。

 当社は、2020年までの長期経営計画において、日本国内で培ってきたIT技術と蓄積された収納代行サービスのノウハウを海外に展開することで決済ビジネスの更なる拡大を目指す。 (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】セキドはLEADERS直営1号店新規出店と北海道新幹線開業がドッキングして反発(2016/03/02)
【株式評論家の視点】ソネット・メディア・ネットワークスはビッグデータ関連、今3月期営業利益53%増益(2016/03/02)
【編集長の視点】コラボスは続落も下値には3Q最高業績を手掛かりに下げ過ぎ訂正買いは継続(2016/03/01)
【編集長の視点】京写は高配当利回り買いに来期業績V字回復・増配含み観測が加わって3連騰(2016/02/29)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース