Windows 7から10にアップグレードした後ダウングレードするとUSBが利用できなくなるという話

2015年12月4日 13:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 「Windows10に上げた後7に戻すとUSBポートが全部死ぬ」という話が話題になっている

 原因は色々ありそうだが、原因の1つとして考えられるのがUSB 3.0のドライバ絡みの問題だ。Windows 7以前にはUSB 3.0関連のドライバが用意されていないために別途メーカー製のドライバを導入しておく必要があったが、Windows 8以降では標準でUSB 3.0関連ドライバが含まれており、メーカー製のドライバは削除するのが一般的だ。そのため、メーカー製ドライバを削除した状態でWindows 7にダウングレードするとUSB 3.0デバイスが正常に動作しなくなる可能性がある。

 また、BIOS(UEFI)の設定変更によるトラブルの可能性もある。もちろんそれ以外の要因も考えられるため、Windows 10へのアップグレード時には注意したい。MSはWindows 10にアップグレード後もアップグレード前の状態に戻せますよとアナウンスしているが、そのまま元に戻せないケースがあるというのはちょっと酷い気はする。

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
Gartner予測、Windows 10への移行は過去最速に 2015年11月29日
PCメーカーのサポート担当者はWindows 10にアップグレードしてほしくない? 2015年11月08日
一部の環境でWindows 10への無断アップグレードが実行されそうになる問題が発生 2015年10月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事