WebのHTTPS化を阻む埋め込みコンテンツ

2015年12月1日 14:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Webサービスを常時HTTPS化しようとしたが、ニコニコ動画の埋め込みコードがHTTPでしか提供されていないためにうまく行かなかったという話が話題になっている(はてな匿名ダイアリー)。

 最近のWebブラウザではHTTPSで提供されているページ内にHTTPで提供されているコンテンツがあると警告を表示したり、コンテンツを表示しないというケースがあるようだ。そのため、HTTPS化を諦めるということになったという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Chrome 46ではSHA-1証明書などを利用したHTTPSはHTTPと同様の表示になる 2015年10月17日
IEでHTTPS使用時の表示が遅い問題はTLS 1.2無効化で解決すべきではない 2015年09月11日
みずほ銀行のWebサイト、再びHTTPSでのアクセスが可能に 2015年04月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース