「アイフォーン」に有機ELパネルと伝わり保土谷化学がストップ高

2015年11月26日 12:35

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ブイ・テクノロジー、マナック、倉元製作所なども急伸

 保土谷化学工業<4112>(東1)は26日前場ストップ高の231円(50円高)で昼休みとなり、年初来の高値を約11カ月ぶりに更新した。米アップル社が「アイフォーン」に有機ELパネルを採用すると今朝の日本経済新聞が伝え、現在は液晶が主軸のジャパンディスプレイ<6740>(東1)やシャープ<6753>(東1)は下げたが、保土谷化学はグループで有機ELパネルの発光剤などを製造するとされて注目された。

 有機EL関連株としてはジャパンディスプレイ、ソニー<6758>(東1)のほか、アルバック<6728>(東1)、ブイ・テクノロジー<7717>(東1)、マナック<4364>(東2)、アピックヤマダ<6300>(東2)、倉元製作所<5216>(JQS)、昭和真空<6384>(JQS)、などが挙げられているが、中には「上がれば官軍」的に値動きの大きさが先行する銘柄もあるようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
GMOメディアは反落も3Q好決算を見直し直近IPO株買いが再燃余地(2015/11/10)
グリーンペプタイドは反落も下値にはがんワクチンの米国第Ⅰ相臨床試験開始で下げ過ぎ訂正買いが継続(2015/11/09)
「大回り三年」の再スタートなら3年前の初動銘柄の証券株に年末相場の先取り妙味=浅妻昭治(2015/11/09)
【忠田公夫の経済&マーケット展望】米10年債利回り2.5%越えればNYダウ反落のリスク強まる(2015/11/09)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事