日本スキー場開発はハーレスキーリゾートを子会社化

2015年10月13日 22:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■グループに加えることにより相乗効果を期待

 日本スキー場開発<6040>(東マ)は13日、ハーレスキーリゾート(長野県上田市)の株式を取得し、子会社化すると発表した。

 同社は、現在長野県・HAKUBA VALLEYエリアの4スキー場(白馬八方尾根スキー場、白馬岩岳スノーフィールド、栂池高原スキー場、鹿島槍スキー場)、長野県・竜王スキーパーク、群馬県・川場スキー場、および岐阜県・めいほうスキー場の7スキー場を運営している。

 子会社化するハーレスキーリゾートは、菅平高原スノーリゾート(長野県上田市菅平高原)において、スキー場を運営。長野県内でも有数の標高が高い低温地域にあり安定した営業日数を確保している。また、首都圏から日帰り圏内に立地しアクセスが良く、来場者数及び業績は安定している。資本金は25百万円、設立は昭和30年。

 同社は、ハーレスキーリゾートをグループに加えることにより、相乗効果を期待、スキー場業界での競争優位性を確保し、更なるサービスの充実や事業基盤の強化を図る。

 なお、株式取得の相手先は、上田交通(長野県上田市天神1-2-1)からで、異動後の所有株式数は1万1672株(所有割合83.4%)、株式譲渡日は2015年11月2日を予定。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【狙い場・買い場フェイスの今3月期は大幅黒字転換、チャート好転(2015/09/14)
【相場の視点】チャイナショック第2ステージ(2015/09/29)
【特集】アベノミクス・少子化対策および子育て支援関連(2015/09/29)
【どう見るこの相場】日経平均のNYダウに対する強さは戻るか(2015/09/29)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース