俳優ヒョンビン、映画『共助』で北朝鮮の刑事役に-2年ぶりのスクリーン復帰

2015年9月29日 18:30

小

中

大

印刷

KStars

俳優ヒョンビンがユン・ジェギュン監督制作のアクション映画『共助』(監督キム・ソンフン)に出演することを所属事務所O&エンターテイメントが22日、明らかにした。

俳優ヒョンビンがユン・ジェギュン監督制作のアクション映画『共助』(監督キム・ソンフン)に出演することを所属事務所O&エンターテイメントが22日、明らかにした。[写真拡大]

写真の拡大

 俳優ヒョンビンがユン・ジェギュン監督制作のアクション映画『共助』(監督キム・ソンフン)に出演することを所属事務所O&エンターテイメントが22日、明らかにした。

 ヒョンビンは暗殺の危機に晒される朝鮮王チョンジョ(正祖)役で出演した『逆鱗』以来、2年ぶりのスクリーン復帰となる。

 制作会社JKフィルムが4年の準備期間を費やした『共助』は、南北初の非公式共同捜査を描いた制作費100億ウォン台の超大型アクション映画で、来年頭にクランクインする予定だ。

 ヒョンビンは北朝鮮の刑事イム・チョルリョン役として北朝鮮訛りとアクション演技を初披露することになる。(記事:中川・記事一覧を見る

※この記事はKstars提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

広告