三井住友銀行、オンラインバンキングにスマホアプリ認証を導入

2015年7月18日 16:37

小

中

大

印刷

 三井住友銀行は17日、同社のオンラインバンキング「SMBCダイレクト」利用者向けに、「パスワードカード(スマホアプリ版)」を8月19日から提供すると発表した。利用料金は無料。

 iOS、Android に対応し、アプリ内に6桁のランダム数字が自動生成される。2013年10月21日から従来の暗証カードの後継として提供されてきた専用の「パスワードカード」をスマートフォンアプリにした。これにより、「パスワードカード」を持つ必要がなくなる。

 パスワードカードと同様、SMBCダイレクト内での振込上限金額変更、未登録口座への振込、振込先の登録・変更、住所変更などの際に利用できる。アプリサイト「App Store」か「Google Play」からアプリをダウンロードし、手続きを行う。

 一方で、従来の暗証カードは来年度前半でサービスを廃止する。ただし、テレホンバンキングなどパスワードカードでは利用できないサービスについては継続するという。(記事:松本 茂樹・記事一覧を見る

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース