女子栄養大とキリン、食と健康増進の産学連携包括協力で提携

2015年7月6日 16:05

小

中

大

印刷

 女子栄養大学と女子栄養大学大学院、キリンは6日、「食を通じた健康寿命の延伸」という共通テーマのもと、食と健康における相互の知見や強みを生かす社会の健康増進のために、産学連携包括協力に関する協定を締結すると発表した。

 女子栄養大学は、建学の精神である“食による人間の健康の維持・改善を図る”をもとに、栄養学の教育と研究に力を注いでいる。また、キリンは、CSV経営におけるテーマの一つとして「健康の増進」を掲げており、独自の発想と技術を掛け合わせた「イノベーションの力」により、健やかで快適な暮らしにつながる商品や活動を展開している。

 今後、両者は「連携協議会」を設置し、相互の情報や知見に基づき啓発活動プランや共同研究テーマを定めるなど、連携を深めてく。そして、「食を通じた健康寿命の延伸」につながる活動を展開し、人々の生活の質の向上と健康を支える社会環境の質の向上を目指す。

広告