フィックスターズ、世界最大6TBの2.5インチSSD

2015年5月7日 22:51

小

中

大

印刷

Fixstars SSD-6000Mの外観(写真:発表資料より)

Fixstars SSD-6000Mの外観(写真:発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 フィックスターズは7日、最新の15nmMLCフラッシュメモリを採用することで、2.5インチ厚さ9.5mmの製品として現時点で世界最大容量となる6TBのソリッド・ステート・ドライブ (SSD)の新製品「Fixstars SSD-6000M」を発表した。受注は同日から開始し、7月下旬より順次出荷する。重量は97g、サイズは100mmx70mmx9.5mm。価格は同社のホームページより見積もり依頼を行うことが必要である。

 同製品は、熱と性能の問題をクリアし高密度化を実現した。また、小型のモバイルデバイス用のフラッシュメモリを利用することで、ギガバイトクラスが主流のSATA2.5インチSSDで6TBという大容量を実現している。これにより、必要なドライブ台数が減りシャーシ/ラックコスト、メンテナンスコスト、エネルギーコスト、障害対応コストなどの運用コスト削減も可能となる。

 また、性能面ではSATA 6Gbpsに対応し、リード最大540MB/s、ライト最大520MB/sのシーケンシャルアクセスが可能。独自開発のSSDコントローラを搭載し、性能のゆらぎが少ない安定したシーケンシャル性能を実現している。

 主な用途として、映像機器、医療画像機器、ビッグデータ解析、通信インフラ、産業機器など大容量データに対する安定的なシーケンシャルアクセスを必要とするアプリケーションで高い効果が期待できるという。(記事:阪木朱玲・記事一覧を見る

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース