【引け後のリリース】富士フイルムHDが米iPS細胞の大手のTOB完了

2015年5月2日 07:29

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■5月1日付けで完全子会社化しJティッシュEなどと世界的な再生医療めざす

 富士フイルムホールディングス<4901>(東1)は1日の大引け後、米国東部時間の4月3日に開始した米国のiPS細胞の大手Cellular DynamicsInternational, Inc.(セルラー・ダイナミクス社、本社:米国ウィスコンシン州マディソン)に対するTOB(公開買付)が同じく4月30日23時59分に完了し、必要な手続きを経て同じく5月1日にセルラー・ダイナミクス社を完全子会社化する予定と発表した。

 セルラー・ダイナミクス社は米NASDAQ市場の上場銘柄で、TOB価格は1株あたり16.5米ドル。発行済株式総数に占める買付け予定株式数の割合は100%。TOBに要する資金は、当初予定の約3.07億米ドルに対し約2.38億米ドルとなった。

 富士フイルムHDグループは、自社の高機能素材技術・エンジニアリング技術に加え、治療用細胞の生産技術などに強みを持つジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(JティッシュE)<7774>(JQG)を傘下とし、再生医療分野における競争力を強化してきた。今回、iPS細胞関連技術・ノウハウで創薬支援分野で世界トップのセルラー・ダイナミクス社を傘下に加えることで、再生医療のポートフォリオの充実が進む。今後、再生医療のグローバルリーダーを目指すとした。

 富士フイルムHDの株価は2012年9月の1200円台から長期上昇基調が続き、15年4月24日に4729.5円まで上げて08年以来の水準に進んだ。5月1日の終値は45(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【高見沢健のマーケット&銘柄ウォッチ】金利低下背景にNYダウ最高値更新へ(2015/03/23)
【木村隆の相場展望】海外投資家は、先物市場から現物市場への振替を進める(2015/03/23)
ジャムコはもみ合いも東証1部指定替えの需給好転思惑が底流し下値対応妙味(2015/03/23)
直近増配発表銘柄はファナックのリードに丸三証券の追撃も手伝いエンジン全開を期待=浅妻昭治(2015/03/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告