米TSAの男性職員、気に入った男性乗客の股間を触るためボディースキャナーを操作

2015年4月19日 19:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国・デンバー国際空港でセキュリティーチェックを担当する運輸保安庁(TSA)の男性職員が、魅力的な男性乗客の股間に触るため、ボディースキャナーが異常を検知するよう同僚に操作させていたそうだ(CBS Denverの記事本家/.)。

この男性職員は魅力的だと感じる男性の乗客がセキュリティーチェックエリアに来ると、同僚の女性職員に合図を出してボディスキャナーのスキャン対象を女性用に切り替えさせていたという。女性用の設定で男性をスキャンすると股間に異常が検出されるため、パットダウンによる検査が必要となり、男性職員は男性乗客の股間に触ることができる。この件については昨年11月に別のTSA職員から匿名で報告されていたが、実際に対応が行われるまでに3か月近くかかっており、同様のことが10回以上繰り返されたとみられるという。2月9日にTSAの上司が2名による不正な操作を確認、2名とも解雇されることになったとのことだ。 スラッシュドットのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | アメリカ合衆国 | 政府 | 交通 | プライバシ

 関連ストーリー:
TSA 透視検査、糖尿病患者のインスリンポンプを壊す 2012年05月10日
米空港保安検査、泣いて嫌がる 4 歳の少女にパットダウン 2012年05月01日
金属製の所持品を検出されずにTSAの透視型ボディースキャナーを通過する方法 2012年03月10日
TSA全身透視スキャナーの新ソフトウェア、裸体画像映写の心配無用 2011年07月24日
空港の「全身透視スキャナー」、下着内に隠した拳銃を見抜けず 2011年03月02日
米国、触診検査をより不快にすることで全身スキャンによる身体検査を奨励 2010年11月01日
米 TSA 職員、スキャン装置に映し出された性器のサイズをからかわれ同僚を攻撃 2010年05月11日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング