新潟大、脳梗塞に対する画期的な治療薬を発見

2015年4月3日 10:13

小

中

大

印刷

プログラニュリンを活用することの効果を示すイメージ図(新潟大の発表資料より)

プログラニュリンを活用することの効果を示すイメージ図(新潟大の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 新潟大学の研究者グループは、脳梗塞治療で最も有効とされる血栓溶解療法の弱点である合併症(脳出血・脳浮腫)を引き起こすタンパク質を特定し、弱点を克服する新たな治療法を世界に先駆けて開発した。今後、これまで短かった脳梗塞の治療可能時間が大幅に延長される可能性があるという。研究成果はBrain 誌(Brain:A Jornal of Neurology, 5YEAR IMPACT FACTOR 10.846)に掲載される。

 脳の血管が詰まることで発症する脳梗塞は、近年増加し、後遺症に苦しむ患者も多く、治療にかかる医療費は増加の一途をたどっている。そうした中、脳梗塞治療において最も有効な治療法に「組織プラスミノゲン・アクチベーター(tPA)」を用いた血栓溶解療法がある。

 しかしこの治療法は、治療可能時間が4.5時間以内と極めて短く、脳梗塞患者の5%未満しかその治療の恩恵を受けられていない。その理由は、発症後に時間が経過すると、脳の神経細胞だけでなく、血管にも障害が起こり、脳出血や脳浮腫(脳のむくみ)を生じやすくなるためだ。

 そこで同大研究チームが改善策を探求した結果、プログラニュリンという欠乏すると認知症を引き起こす蛋白質を、tPAと一緒に投与すると、tPAの副作用の脳出血や脳浮腫を防ぐのみならず、神経細胞を保護し、かつ炎症細胞を抑制して脳梗塞のサイズまで縮小することを、動物モデルを用いて世界で初めて明らかにした。

 プログラニュリンをtPAとともに使用することで治療可能時間を延長できき、①tPAによる血栓溶解療法が行われる患者数の増加、
②副作用である脳出血、脳浮腫をおこす患者が減ることによる予後の改善、③脳梗塞の大きさを縮小する効果―などに繋がることが期待されるという。(記事:町田光・記事一覧を見る

関連記事

広告

広告