DeNA、キュレーション運営の「iemo」「MERY」を買収

2014年10月1日 13:51

小

中

大

印刷

ディー・エヌ・エーは1日、キュレーションプラットフォーム「iemo」を運営するiemo(東京都港区)と、「MERY」を運営するペロリ(東京都渋谷区)の2社を買収したと発表した。写真は、「iemo」のWebサイト。

ディー・エヌ・エーは1日、キュレーションプラットフォーム「iemo」を運営するiemo(東京都港区)と、「MERY」を運営するペロリ(東京都渋谷区)の2社を買収したと発表した。写真は、「iemo」のWebサイト。[写真拡大]

写真の拡大

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は1日、キュレーションプラットフォーム「iemo(イエモ)」を運営するiemo(東京都港区)と、「MERY(メリー)」を運営するペロリ(東京都渋谷区)の2社を買収し、子会社化したと発表した。これに伴って、新たにキュレーションプラットフォーム事業を開始するという。

 同社によると、「iemo」(iemo.jp)は、2013年12月にサービスを開始した住まい・インテリアの分野に特化した情報を短時間で読めるまとめ形式で配信するキュレーションプラットフォームで、月間アクティブユーザ数(MAU)が150万人(2014年9月)を超えている。

 また、「MERY」(mery.jp)は、2013年4月にサービスを開始した女性向けファッションのキュレーションプラットフォームで、美容師、エディターなど様々なキュレーターからトレンド情報を配信し、MAUが1,200万人(2014年9月)を超えている。

 ディー・エヌ・エーは子会社化したiemo、ペロリの2社が持つ強みを最大化する体制を整え、これからライフスタイルを軸とした他分野のキュレーションプラットフォームをスピーディーに立ち上げていくという。各プラットフォーム同士での相互送客やノウハウの共有を行い、数年後にはキュレーションプラットフォーム全体でMAU5,000万人を目指すとしている。

 また、キュレーションプラットフォームで集客した巨大なユーザ数をベースに、広告ビジネス展開やeコマースとの連携を視野に入れる。住まいやファッションに関心のある「iemo」「MERY」ユーザと既存インテリア・ファッション産業を結びつけるマッチングプラットフォームに発展させることも目指すという。

広告

財経アクセスランキング