慶應大、空中に絵を描くこともできる裸眼3Dディスプレイを開発

2014年9月2日 17:24

小

中

大

印刷

今回の研究が目指す「さわれる情報環境」のイメージ図(慶應義塾大学の発表資料より)

今回の研究が目指す「さわれる情報環境」のイメージ図(慶應義塾大学の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • HaptoMIRAGEの外観(慶應義塾大学の発表資料より)
  • 現実空間への3次元的な描画(慶應義塾大学の発表資料より)
  • 実物体への立体映像の重畳と、実物体を介した立体映像とのインタラクション

 慶應義塾大学の舘暲特別招聘教授・南澤孝太准教授らによる研究グループは、複数のユーザーが同時に裸眼で観察可能で、空中に絵を描くこともできる3Dディスプレイ「HaptoMIRAGE(ハプトミラージュ)」を開発した。

 3D映像を実現するためには、左右の目に異なる映像を届けたり、頭の位置の変化に応じて映像を変化させたりすることが求められる。これまでの3D映像は、特殊な装置が必要であり、多人数が同時に見ることも困難であった。

 今回の研究では、まずユーザーの視点位置をモーションキャプチャで計測し、頭部位置に対応した両眼視差映像を液晶ディスプレイに表示できるようにした。さらに、透明液晶ディスプレイを液晶ディスプレイとフレネルレンズとの間に配置することで、左目と右目にそれぞれ異なる映像を届けることができることを可能にした。その結果、「裸眼で多視点の3D映像」、「現実空間への3D映像の重ね合わせ」、「複数人での3D映像の共有」、「広範囲からの3D映像の観察」といった課題を克服したインタラクティブな3Dディスプレイを開発することに成功した。

 さらに、「HaptoMIRAGE」はユーザーと提示映像の間に障害物がないため、映像に直接手を伸ばして操作したり、空中に3Dコンピューターグラフィックスのスケッチを描いたりすることもできる。

 今後は、触覚提示技術と組み合わせることで3D映像にリアルな触感を実現すること、デジタルサイネージや博物館での新しい体験を提供することなどが期待されている。

 なお、「HaptoMIRAGE」は2014年9月2日~4日にパシフィコ横浜で開催されるCEDEC2014で展示公開されている。

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース