働く女性、3人に1人が「夏休みにSNSへ投稿するネタを用意」リア充アピールも?

2014年8月4日 10:28

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トレンド総研が今年3月、フェイスブックを利用する20代~30代の独身男女300名を対象にアンケートを実施したところ、全体の62%が他人の“リア充投稿”にイラっとした経験があると答えた

トレンド総研が今年3月、フェイスブックを利用する20代~30代の独身男女300名を対象にアンケートを実施したところ、全体の62%が他人の“リア充投稿”にイラっとした経験があると答えた[写真拡大]

写真の拡大

 消費増税後、初めての夏休み。一部では消費増税の影響も懸念されるが、働く女性たちの消費意欲は旺盛だ。マーケティング事業を手掛けるトレンダーズが20~39歳の女性会社員611名に対し、「昨年の夏休みと比べてお金の使い方は変わると思いますか?」と聞いたところ、「変わらないと思う」が最も多く51%。続いて「増えると思う」が27%で、「減ると思う」は22%にとどまった。

 働く女性たちは、SNSを駆使して旅行先の情報収集をし、夏休みの様子を積極的に発信しようとしている。「夏休み前からソーシャルメディアに投稿しようと思っているネタはありますか?」と尋ねたところ、実に34%と3人に1人が「ある」と回答。彼女たちが投稿しようと考えているネタは、「友達とバーベキュー女子会(20代)」、「家族3世代で行く奈良旅行(20代)」、「彼氏と伊豆旅行に行って美味しいお刺身をたべること(30代)」など。互いの投稿にコメントし合って楽しむ様子も伺えるが、こうした「キラキラした日常生活の様子」を伝える投稿は一部で“リア充投稿”とも呼ばれ、他人をイラつかせることも多い。

 トレンド総研が今年3月、フェイスブックを利用する20代~30代の独身男女300名を対象にアンケートを実施したところ、全体の62%が他人の“リア充投稿”にイラっとした経験があると答えた。「彼氏とのラブラブ写真や、幸せですエピソードばかりをひたすら投稿(34歳女性)」や「海外に行って、現地の人と仲良くやっている写真(30歳男性)」など、「幸せ自慢」や「いいね!」狙いを感じさせる投稿が、他人をイラッとさせてしまうようだ。

 夏休みは特に、こうした「リア充」らしいレジャーやイベントに参加する機会が増える。他人の目を気にしすぎるのも良くないが、楽しんでいるところばかりを投稿すれば、“リア充アピール”になりかねない。女性の3人に1人は「夏休みにソーシャルメディアに投稿したいネタがある」と意欲的だが、知らない間に自分の投稿が「非表示」にされているのもまた、寂しいものがある。(編集担当:北条かや)

■関連記事
今話題のアイスクリームショップPALETASが成功している理由とは?
Facebookは、企業広告の主戦場として高笑いを続けられるか
企業によるFacebook等の「SNS広告」激化 ファン数一位は「ローソン」
「LINE」東証へ上場申請、悲願の世界一への第一歩
Facebook利用者の2人に1人が「同僚の目気になる」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
 

広告

ピックアップ 注目ニュース