OpenSSLからフォークした「LibreSSL」ポータブル版リリース

2014年7月14日 21:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 OpenSSLの開発陣に見切りをつけたOpenBSD によるforkであるLibreSSLの、portable版がリリースされました(リリース告知Slashdot)。

 第一段階ではOpenBSDでの動作が優先されていましたが、portable版のリリースにより、他プラットフォームでもLibreSSLが利用可能となります。LinuxおよびSolaris、Mac OS X、FreeBSD でテスト済みとのことですが、他のOSについても時間やリソースが許せば対応を検討するそうです。

 スラッシュドットのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | セキュリティ | BSD

 関連ストーリー:
GoogleがOpenSSLをフォークした「BoringSSL」を公開 2014年06月22日
Heartbleed脆弱性発表から1か月、現在も脆弱性の影響を受けるサーバーは30万件以上 2014年05月10日
OpenBSDがOpenSSLをフォーク、新プロジェクトは「LibreSSL」 2014年04月25日
OpenSSLでメモリ内容を外部から読み取られる脆弱性が発見される 2014年04月08日
OpenSSLのコードの汚さに「サルが書いたコードだ」との批判 2009年11月05日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース