太陽光と電気自動車と一般電力を「混ぜて」利用 三菱電機が家庭用電力変換装置を発表

2014年7月14日 08:23

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 三菱電機<6503>は家庭用の電力変換装置「SMART V2H」を発表した。7月31日に発売予定だ。この装置を使用すれば、電力会社から購入する商用電力と設置した太陽光発電システムから得られる電力、電気自動車から得られる電力を日常だけでなく停電時にも意識せずに「混ぜて」利用することが可能になる。価格は95万円とまだまだ高いものの一般家庭でも購入できるレベルであり、これにより太陽光発電によって得られる電力の効率的な利用が進みそうだ。

 製品名に含まれる「V2H」とはVehicle to Home(車両から家庭へ)の略で、電気自動車やプラグインハイブリッド車の蓄電池のエネルギーを家庭用電力として利用することだ。電力の供給が不安定であるという太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーの弱点と、一日の中で波のある電力消費の性質によって、再生可能エネルギーによる電力の供給は必ずしも需要とマッチしていないのが現実だ。この需要と供給のギャップを、電気自動車などの蓄電池を用いて調整しようというのがこの「V2H」の考え方である。

 これまでのV2Hシステムでは、電気自動車から家庭に電力を提供する際には商用電力を遮断していたため、電気自動車の蓄電電力と太陽光発電システムから得られる電力、商用電力を同時に使用することはできなかった。今回販売されるSMART V2Hはこの3つの電力を混ぜて使うことができる上、3つの電力をモニターして自動で最適制御する「電力需給制御システム」が搭載されており、例えば太陽光発電の発電電力量が多い好天時には太陽光発電による電力を使い悪天候時には電気自動車から電力を使うなど効率的な電力の使用が可能となる。

 再生可能エネルギーで発電された電気を地域の電力会社が一定の価格で買い取ることを国が約束した「固定価格買取制度」は今年で導入されてから2年を迎えるが、なかなか利用は進んでおらず、いわゆる「太陽光発電ブーム」も終息しつつあると言われている。SMART V2Hのような製品が出現することで、再生可能エネルギー利用の機運が再び高まることを期待したい。再生可能エネルギーのより効率的な利用のため、このような技術が次々製品化されることは喜ぶべきことだろう。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
トヨタが自主製造を進め、自動車各社が開発・採用を競う「SiCパワー半導体」に世界が注目する理由(わけ)
電気機器業界の他社牽制力ランキングトップはパナソニック
トヨタ自動車、今後のHVを含む省燃費車のため、SiCによる高効率パワー半導体開発を推進する
温室効果ガス観測技術衛星2号が17年度に打ち上げ 三菱電機が開発を開始
低価格でしかも短時間で測定できる放射能分析装置 九大、三菱電機らが開発

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「節電・省エネ関連」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース