『トライアングル』T-ARAジヨン、シワンの政略結婚の相手役で特別出演

2014年6月28日 23:01

小

中

大

印刷

最近ソロデビュー宣言をしたガールズグループT-ARAのジヨンが、『トライアングル』に特別出演し注目を集めた。

最近ソロデビュー宣言をしたガールズグループT-ARAのジヨンが、『トライアングル』に特別出演し注目を集めた。[写真拡大]

写真の拡大

 最近ソロデビュー宣言をしたガールズグループT-ARAのジヨンが、『トライアングル』に特別出演し注目を集めた。ジヨンが演じる役柄は、イム・シワンの政略結婚の相手役だ。

 ジヨンは23日夜10時に放送されたMBC月火ドラマ『トライアングル』(脚本:チェ・ワンギュ、演出:ユ・チョルヨン、チェ・ジョンギュ、制作:テウォンエンターテイメント)の第15話で、テジョングループのユ・テジュン会長(キム・ビョンギ)が選んだヤンハの結婚相手として登場した。

 ユン会長は養子であるヤンハを呼び出し、オ・ジョンヒ(ペク・ジニ)との関係を追及した。これに対しヤンハは、「僕が好きな女性であり、僕にとって一番必要な女性です」と答えたが、ユン会長は「お前はオレの息子である前にグループを継ぐ後継者だ。足手まといになりそうだったら容赦なく切る。お前が受け入れられないというのならお前を切るしかない」と冷たく返した。

 その後登場したジヨンとその父親。ジヨンはヤンハに「ラスベガスで会ったのが最後だったからもう2年になるわね」と挨拶したが、ヤンハは何か妙な予感をおぼえた。続けてジヨンは「機嫌がよくないようね?」と言い、それに対しヤンハは「今オレがお前に会ってる理由が分からない」と冷たく答えた。しかしジヨンは「感じの悪いところは相変わらずね。その理由、私が作ってあげるから心配しないで」と大胆な態度を見せた。

 テジョングループのカジノディーラーオ・ジョンヒ(ペク・ジニ)に夢中になっているヤンハ。しかしユン会長は財閥令嬢との政略結婚を進めようとしている。ヤンハの新たな女性として登場したジヨンが今後どのような演技を見せてくれるのか視聴者の関心が高まっている。最近はファーストミニアルバム『Never Ever』をリリースしソロ活動にも力を入れている彼女が、今回はドラマ『トライアングル』で女優としての魅力もアピールする見通しだ。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

広告