パク・シフ、チョコレートのCMモデルに抜擢

2014年6月19日 20:51

小

中

大

印刷

俳優パク・シフが、スターチョコレートの広告モデルに起用され、国内外で“甘い男”ブームを予感させている。写真=フーファクトリー

俳優パク・シフが、スターチョコレートの広告モデルに起用され、国内外で“甘い男”ブームを予感させている。写真=フーファクトリー[写真拡大]

写真の拡大

 俳優パク・シフが、(株)スターチョコレートの広告モデルに起用され、国内外で“甘い男”ブームを予感させている。

 パク・シフが、製菓ブランド(株)スターチョコレートの新製品「スターチョコレート」のCMモデルに起用された。これまで様々な広告モデルを務めてきたパク・シフだが、初めて製菓製品のモデルとなり、これまでにない新たな魅力を披露する。

 パク・シフが専属モデルに抜擢された理由は、中国と日本での熱い人気によるところが大きい。(株)スターチョコレートは、現在、韓国内だけでなく世界最大のマーケットである中国などアジア市場の進出を計画している。現在中国や日本で “次世代韓流スター”として人気が急浮上しているパク・シフが、初めて販売する製品を手にするCMモデルに相応しいと判断され、起用された。

 中国では、SBSドラマ『清潭洞<チョンダムドン>アリス』が放送されて以来、“シフ旋風”が巻き起こっている。今年の夏に封切りされる中国映画『香り』で主演を務めたパク・シフが映画の撮影で中国を訪れるたびに数千人のファンで空港に押し寄せ、安全面を考慮した主催者側の要請で予定されていたイベントが中止になるというハプニングもあった。

 また、最近中国の芸能専門サイト(kugou.com)が行った「韓国ドラマの男神」というランキングに、有力な韓流スターを抑えてパク・シフが堂々の1位を得て、中国での人気を証明した。

 また、日本でも次世代韓流スターとしての人気を誇っている。2014年上半期だけでも、複数の雑誌の表紙を飾り、オファーが続いている。さらに、6月からパク・シフの出演作『王女の男』『清潭洞<チョンダムドン>アリス』が日本でも放送され、ますます“シフ旋風”を予感させる。

 (株)スターチョコレートは、中国だけでなく日本でも高い人気を博しているパク・シフが、国内外を行き来して「スターチョコレート」をアピールする顔として遜色がないと評価した。

 また、(株)スターチョコレートは、パク・シフがモデルとしてだけでなく、心温まる「分かち合い活動」に参加することも予定している。スターチョコレートの製品を発売するたびに中国などのアジア圏で「子ども財団および体験博物館」を建てることを計画している。収益金の一部は貧しい家庭環境におかれた子どもたちに奨学金と生活支援金として寄付し、分かち合いを実践する。

 所属事務所フーファクトリーは、「中国と日本からの熱い愛情に感謝している。このような機会を頂いて嬉しく思っている。製品の広告モデルだけでなく、分かち合い活動という有意義な事業にも参加するので、責任感を持って臨みたい」と語った。

 なお、パク・シフは19日に中国映画初主演作である映画『香り』のアフレコとグラビア撮影のため中国に向かう。(翻訳:萩庭雅美)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

広告