一流バイオリニストでもストラディバリウスと最近のバイオリンは聞き分けられない

2014年4月9日 16:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 18世紀に作られたバイオリンの名器と呼ばれ、数億円という価格が付くこともあるストラディバリウスだが、二重盲検法を使ってトップレベルの現代のバイオリンとその音を比較したところ、一流のバイオリニストでもその違いを判別できなかったという(本家/.)。

 元ネタはScienceの記事。これによると以前にも同様の比較実験は行われていたが、そのときは実験環境(ホテルの一室)が良くない、実験に参加したのが一流プレイヤーではなかったなどの批判があったという。そのため新たな実験では10人のプロフェッショナルなソロ演奏者を呼び、13個の「現代製のバイオリン」と6個のストラディバリウス、2個のガルネリ(ストラディバリウスと並び名器とされるバイオリン)を含む9個の古いバイオリンをさまざまな環境で弾いてもらったそうだ。

 演奏者にはどの楽器が古いものでどの楽器が新しいものかは伝えなかったのだが、その結果、演奏者たちはどれが古いものでどれが新しいものかの区別を付けることはできなかったという。また、新しいバイオリンを好むという傾向も見られたそうだ。

 現代のバイオリンは、伝統的な設計や材質を参考にしつつ、職人は現代的な技術も用いて作成している。しかし、メーカーや工房の最高級品であっても、古典的名器と比較すると価格が1〜2桁安くなるという。だが実験の結果、現代のバイオリンは「名器」とされる古いバイオリンに十分に匹敵する音を出せているという結論が得られたようだ。

 スラッシュドットのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 音楽

 関連ストーリー:
菌類にかもされた木材を使い、名器「ストラディバリウス」を超える音色を作りだす 2009年09月18日
ストラディバリの秘密を非破壊検査で探る 2008年07月05日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告