ゴキブリが電池になる? 災害救助に応用の可能性も 日本の研究チームが開発

2014年2月12日 14:45

小

中

大

印刷

記事提供元:NewSphere

 生きている昆虫の体液を利用し、化学反応によって電気を発生させ、昆虫を“動き回る電池”にする――。東京農工大学と大阪大学の合同研究チームが、それを実現するバイオ燃料電池を開発した。

【選ばれたのは巨大ゴキブリ】

 先月、アメリカ・サンフランシスコにおいて、微小電気機械システム(MEMS)に関するIEEE・MEMS学会が開催された。同チームは、その席上で研究成果を発表した。技術系オンライン誌「マザーボード」が報じている。

 この燃料電池は、昆虫の背に装着される。今回、同チームが実験対象として選んだのは、マダガスカルゴキブリだ。アメリカの科学雑誌「ポピュラーサイエンス」のオンライン記事が指摘するとおり、このゴキブリには巨大だという利点がある。大きいもので体長7.5cmに達すると言われる。

 装置は、電極と、体液を入れるタンク、体液をゴキブリとのあいだで循環させるチューブからなる。ゴキブリを含め、昆虫の循環系を満たす血(けつ)リンパには、二糖のトレハロースが存在している。それを酵素により、単糖のグルコースに分解。そのグルコースを酸化させることで、電気を取り出すことができるという。マダガスカルゴキブリでは、50マイクロワットほどの出力が得られたそうだ。

【意外にも壮大な用途が】

 この研究は何を目指しているのか。「ポピュラーサイエンス」は、ゴキブリを優秀なサイボーグに変えるためである、と伝える。

 昆虫の動きを電気刺激によって操作することには、多くの先行研究が存在する。ゴキブリでは、すでに商業レベルで実現している。ゴキブリに装着し、スマホで操縦できるキット“The Roboroach”が、学習教材として、アメリカで100ドル足らずで販売されているのだ。

 「マザーボード」は、センサーを装備したサイボーグ昆虫によって、地震の瓦礫の中や、放射能汚染区域など、危険すぎて人間が足を踏み入れられない場所を調査する、という今後の応用プランを紹介している。この場合、データは無線で送信することになろう。このセンサーや無線などに、電力が必要となるが、今回開発されたバイオ燃料電池が、その役に立つという。旧来のバッテリーは、昆虫には重たい上に、充電が必要となる。しかし、この燃料電池を使えば、はるかに長い時間、稼働できるようになるからだ。

 「ポピュラーサイエンス」は、サイボーグ昆虫が軍事利用されるのではないか、という懸念を、冗談交じりに表明している。

 また、Yahoo!カナダのGeekquinoxは、この技術は、相当手際のよいものだ、と認めつつ、それでも、この「ぞっとする」技術は日本国内だけにしておいてほしい、と述べている。

■関連記事
トヨタのハイブリット車、総販売台数600万を突破 欧米で大人気の理由は?
「世界を変える」トヨタの燃料電池車に、海外紙も注目
トヨタvs日産vsホンダ 東京モーターショーで見せたスタイルの違いとは
ミラン本田、初ゴールで批判記事を一蹴 現地ファンからも応援の声
ドラゴンボールに出てきたアレが現実に!? 夢の電動一輪バイクが発売へ
月の資源は“早いもの勝ち”? 中国、月探査計画に巨額投資
レッチリがスーパーボウルでエア演奏 “敢えてアンプに繋げなかった”釈明の意図とは?
ワインファンに朗報? ブドウの収穫期を教える「電気仕掛けの舌」が登場

※この記事はNewSphereより提供を受けて配信しています。

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告