ソニー、中国で廉価版4G端末を販売へ

2013年12月13日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:00JST ソニー、中国で廉価版4G端末を販売へ
中国における第4世代(4G)運営ライセンスの発給に伴い、携帯端末大手が相次いで中国独自開発の通信規格TD-LTEに対応する4G端末に力を入れている。

4Gライセンスを獲得した中国移動通信(チャイナモバイル)はこのほど、4Gの推進を加速するため、1000元(約1万7000円)台の4Gスマートフォンを来年1月にも発売すると示唆した。また、これまで中高価格帯のスマホを中心に進めてきたソニー<6758>も廉価版に参入する姿勢を示した。

ソニーの徐ショウ表・中国副総裁はこのほど、中国移動と共同で開発する製品について、来年はすべてLTE規格に対応するものだと発言。また、今後は多様な価格帯の端末を開発する計画も明らかにした。《ZN》

広告

財経アクセスランキング