餃子の王将:10月の既存店売上は5.7%減、既存店活性化の取り組み効果出せず、4カ月連続で前年同月実績を下回る

2013年11月11日 16:55

小

中

大

印刷

記事提供元:さくらフィナンシャルニュース

【11月11日、さくらフィナンシャルニュース=東京】 「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(東:9936)が11日に発表した2013年10月度の月次売上高は、直営既存店の売上高が前年同月比5.7%減と4カ月連続で前年同月を下回った。既存店活性化の取り組みに効果がなかったことや、長雨による来客数の伸び悩みが影響した。

 なお、直営既存店の客数は前年同月比3.9%減、客単価は同23円減の835円だった。また、直営全店売上高は同1.6%減、客数は同0.8%増、客単価は同20円減の831円だった。

 10月は直営店2店舗を新規出店。月末の全店舗数は675店舗となった。【了】

■関連記事
ファーストリテイリングと高島屋が増収増益、餃子の王将とドン・キホーテの既存店売上がマイナス=11日の注目銘柄
餃子の王将:9月の既存店売上は4.7%減、3カ月連続のマイナス、台風18号の影響で
ドコモと米アップルが新型「iPhone」を提供開始、王将の8月既存店売上はマイナス、デンソーが都内に車載半導体回路の設計開発拠点を設置、トリドールがロンドンに現地法人を設立=12日の注目銘柄

※この記事はSakura Financial Newsより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース