『火の女神チョンイ』ムン・グニョン、イ・サンユン、チョン・グァンリョルの運命は!?

2013年10月24日 17:18

小

中

大

印刷

MBC月火ドラマ『火の女神チョンイ』が遂に最終回を迎えた。写真=ケイパックス

MBC月火ドラマ『火の女神チョンイ』が遂に最終回を迎えた。写真=ケイパックス[写真拡大]

写真の拡大

 MBC月火ドラマ『火の女神チョンイ』(脚本:クォン・スンギュ、イ・ソユン、演出:パク・ソンス、チョン・デユン)が遂に最終回を迎えた。

 22日放送された第31話では、チョンイ(ムン・グニョン)とイ・ガンチョン(チョン・グァンリョル)が、お互い血のつながりのあることを拒否する姿が描かれた。

 さらにガンチョンは、処刑を控えていた中戦乱が勃発したため運良く監獄から逃げ出すことができ、その足でケンゾー(ユン・ソヒョン)を訪ね、彼の力を利用して分院を掌握しようと最後まで欲望を捨て切れない姿を見せた。

 また、グァンヘ(イ・サンユン)も宮殿を離れることになり、グァンヘとチョンイの運命は一体どうなるのかと視聴者の好奇心を高めている。

 23日放送の最終回では、グァンヘが腹を立てた国民たちを落ち着かせるため全国を回る姿と、チョンイが分院の危機を知らせるため脱出を敢行する姿が描かれる。

 『火の女神チョンイ』の関係者は、「チョンイが分院に入って以来、一度も離れたことのなかった二人が、お互いを深く想い合うことになる。チョンイとグァンヘの切ないロマンスは、視聴者に大きな感動を届けるはずなので是非期待して見守って欲しい」と伝えた。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事