『火の女神チョンイ』ムン・グニョン、男装姿のスチールカットを公開

2013年7月11日 23:51

小

中

大

印刷

MBCドラマ『火の女神チョンイ』で、ムン・グニョンのスチールカットが公開された。写真=ナムアクターズフェイスブック

MBCドラマ『火の女神チョンイ』で、ムン・グニョンのスチールカットが公開された。写真=ナムアクターズフェイスブック[写真拡大]

写真の拡大

 MBCドラマ『火の女神チョンイ』で、ムン・グニョンのスチールカットが公開された。

 10日、ムン・グニョンの所属事務所側は公式フェイスブックに、「『火の女神チョンイ』の撮影現場スチールカット公開!次週の初登場に是非期待して下さい!」というコメントとともに数枚のスチールカットを掲載した。

 写真の中でムン・グニョンは、傘を被って風呂敷包みを担ぎ、完全に朝鮮時代の人物になり切った姿を見せている。

 南揚州のドラマセット場で行われたこの日の撮影でムン・グニョンは、時代劇にどっぷりと浸かっている様子だった。特に、待機中も常に台本を持って練習し、キャラクターになり切ろうと努力している姿が印象的だった。
この写真を見たネットユーザーらは、「ムン・グニョン、可愛い!」「最強童顔!」「期待してるよ!」「男装もよく似合ってる」などと熱い反応を示した。

 なお、15日に放送される第5話では、子役チン・ジニ、ノ・ヨンハク、キム・ジミン、パク・コンテ、オ・スンユンらのバトンを継いで、ムン・グニョン、イ・サンユン、ソ・ヒョンジン、キム・ボム、パク・コニョンらが登場する予定だ。前回第4話のエンディングでは、男装をしたムン・グニョンが市場でイ・サンユンと再会する姿が描かれ興味を引いた。

 『火の女神チョンイ』は、16世紀末、朝鮮時代の陶器製造所を背景に朝鮮初の女性陶芸師チョンイ(ムン・グニョン)の芸術魂と愛を描いたドラマ。毎週月火曜日の夜10時放送。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事