ロータス1-2-3、終了のときが迫る

2013年5月23日 16:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok 曰く、 IBMは2012年からLotusブランドを収束させつつある。そして一時期はPCのキラーソフトとしてその名をはせたロータス1-2-3も、終焉が見えてきたようだ。IBMは5月14日、「IBM Lotus 123 Millennium Edition V9.x」、「IBM Lotus SmartSuite 9.x V9.8.0」、および「Lotus Organizer V6.1.0」について営業活動終了およびサポートの終了を発表した(ZDNet本家/.)。後継製品については「なし(None)」とされている。

 6月11日以降、これら製品の入手等は完全にできなくなる。また、2014年9月30日以降にこれらの製品のサポートが打ち切られることも発表された。今後サービスの拡大や代替アプリケーションの用意はしないとも説明している。

 ロータスブランドの製品としては、グループウェアクライアント「Notes」とサーバコンポーネント「Domino」が生き残っているが、もはやIBMがLotusブランドのプログラムを提供することはないだろうとしている。

 スラッシュドットのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | IBM

 関連ストーリー:
Lotusブランドの消滅か? 2012年11月18日
マイクロソフト、Lotus Notes から Office 365 に乗り換えたネブラスカ大に 25 万ドル提供 2011年07月08日
IBM、社内ドキュメント管理はMS OfficeからLotus Symphony採用へ 2009年09月15日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース