富士通と電通、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業で協業

2013年5月16日 13:15

小

中

大

印刷

 富士通は16日、電通と、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業で協業していくことについて合意したと発表した。

 今後両社は、富士通のCRM、販売管理、コンタクトセンターなどの多様なシステム実績で培った業務ノウハウやICTを駆使した大量データの利活用に関する知見や技術力と、電通のマーケティング戦略立案やコミュニケーションデザインなどのマーケティング・デザイン力を融合し、顧客企業のマーケティング活動最適化や新しいビジネスの創出を支援していく。また、富士通は外部データ活用サービスを積極的に推進することで顧客企業のマーケティング業務の高度化を図っていく。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース