富士通と電通、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業で協業

2013年5月16日 13:15

小

中

大

印刷

 富士通は16日、電通と、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業で協業していくことについて合意したと発表した。

 今後両社は、富士通のCRM、販売管理、コンタクトセンターなどの多様なシステム実績で培った業務ノウハウやICTを駆使した大量データの利活用に関する知見や技術力と、電通のマーケティング戦略立案やコミュニケーションデザインなどのマーケティング・デザイン力を融合し、顧客企業のマーケティング活動最適化や新しいビジネスの創出を支援していく。また、富士通は外部データ活用サービスを積極的に推進することで顧客企業のマーケティング業務の高度化を図っていく。

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース