新潟県佐渡南西沖で石油・天然ガスの試掘を開始、経産省が発表

2013年4月15日 21:38

小

中

大

印刷

 経済産業省は15日、資源エネルギー庁が、国内石油天然ガス基礎調査事業として、新潟県佐渡南西沖において石油・天然ガスの存在状況の確認を目的とした試掘調査を4月14日に開始したと発表した。

 同調査は、2008年2月に資源エネルギー庁が導入した三次元物理探査船「資源」による探査結果を踏まえた初の試掘となる。今後、約3ヶ月間にわたる試掘作業を行い、石油・天然ガスの存在状況について調査を行う。

 事業実施者はJX日鉱日石開発で、事業管理者は独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)。使用船舶は地球深部探査船「ちきゅう」。

関連記事

広告

広告