モアイは歩くようにして移動していた

2012年11月13日 17:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 イースター島にあるモアイ像は、その多くが製作されたところから遠く離れた場所に建てられている。重量が20トン~90トンと巨大な石像は、ヤシの木の丸太をコロやソリにして運ばれたと考えられていたが、一方で「モアイは自分で歩いた」という現地の伝承もあり、その運搬方法はモアイの謎のひとつとされている。

 カリフォルニア州立大学のカール・リポらは、この謎に対して、3つのチームが3方向からロープを引っ張ることで、4.35トンあるモアイのレプリカに道を「歩かせる」ことが可能なことを実証した(WIREDの記事)。1986年には別の研究チームによって、さまざまな高さのモアイを歩かせようとした実験があったが、歩行時にかかる圧力によって土台の石が大きくはがれ落ち始めたことで実験は中止された。今回は事前にコンピューターモデルで分析することで、適切な「歩き方」を導き出し、実証したとのことだ。

 モアイが「歩いている」姿はYouTubeで公開されている動画で見ることができる。

 

スラッシュドットのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
大阪西淀川の町工場製、搭乗型歩行可能ロボ「はじめロボット43号機」 2012年09月05日
人間のように走れる二足歩行ロボットMABEL、ミシガン大学が開発 2011年08月20日
二足歩行ロボットによるフルマラソン大会開催、優勝タイムは54時間57分50秒 2011年03月01日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース