オダギリジョー、韓国のトーク番組に出演

2012年11月12日 15:58

小

中

大

印刷

俳優オダギリジョーが、Story Onのトーク番組『イ・スンヨンと100人の女性』に出演する。もちろん、彼が単独で韓国のトークショーに出演するのは初めてのこと。

俳優オダギリジョーが、Story Onのトーク番組『イ・スンヨンと100人の女性』に出演する。もちろん、彼が単独で韓国のトークショーに出演するのは初めてのこと。[写真拡大]

写真の拡大

  • 俳優オダギリジョーが、Story Onのトーク番組『イ・スンヨンと100人の女性』に出演する。もちろん、彼が単独で韓国のトークショーに出演するのは初めてのこと。

 俳優オダギリジョーが、Story Onのトーク番組『イ・スンヨンと100人の女性』に出演する。もちろん、彼が単独で韓国のトークショーに出演するのは初めてのこと。

 彼は今回のトーク番組でこれまで公開したことのなかった様々なエピソードを公開、また格別な韓国愛も伝える。

 オダギリジョーは、チャン・ドンゴンと共同主演した『マイウェイ』をはじめ、イ・ナヨンと共演したキム・キドク監督の『悲夢』、チョン・ジェホン監督の『豊山犬』など、3本の韓国映画に出演したことがある。また、日本の映画『血と骨』では、在日韓国人キム・ジュンピョンの息子役を演じ、『パッチギ』では韓国の歌「イムジン江」をギター演奏しながら歌うなど、韓国とは格別な縁がある。

 彼は、収録で、「僕と韓国の距離は非常に近くて、外国という気がしないほど韓国が近くに感じられる。このような経験をとても大切に思っている」と明かした。また、『マイウェイ』に出演した時、韓国に一年近く滞在しなければならない状況だったが、彼が制作会社側に要求した条件は、“インサ洞にある洗濯機付きの小さな部屋”だったという。彼は韓国で一番好きな場所としてインサ洞を挙げ、「キム・キドク監督の『悲夢』はインサ洞の近くで撮影を行ったため、毎日インサ洞にいた。休みの日にもインサ洞を散歩するほど好きだった。インサ洞は韓国ならではの雰囲気が感じられ、食べ物をはじめとする文化を皆で一緒に共有し感じることのできる空間だと思う」と韓国に対する格別な愛情と愛着を伝えた。

 また、番組からプレゼントされた焼酎ととうもろこし茶のセットを受け取ったオダギリジョーは、「いつも飲んでいる晩酌セットだ」と言い、7(とうもろこし茶):3(焼酎)のオダギリジョー流カクテルの作り方を公開した。

 その他、自身の演技観や家族の話、ファッション哲学など、新鮮な話を聞かせてくれる予定とのこと。

 詳細は11日夜11時放送の 『イ・スンヨンと100人の女性』で明らかになる。

 なお、『イ・スンヨンと100人の女性』は、イ・スンヨンが100人の女性らとともに繰り広げる女性のための週末バラエティーショー。ファッション、ビューティイー、社会イシュー、教育など女性たちの関心事について語り合う。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事