ラクーン1000円高、海外材料の影響受け難い好業績内需銘柄

2012年8月6日 15:13

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

  ラクーン <3031> (東マ)は、1000円高の5万5000円と買われている。全般が下げる中で、これまで6万~7万円の高値圏で頑強だった。さすがに、前週末は5万2000円まで下げていた。

  それでも、1月20日の年初来安値4万6650円に対しては約18%上に位置し堅調といえる。衣料・雑貨中心のEC事業を手がけていることで、海外材料の影響を受け難い内需関連としての注目度も高い。

  2012年4月期の13.0%増収、営業利益12.0%増益に続いて、今4月期も2ケタの増収、増益見通し。1株利益6056~6607円の見通し。配当は未定(前期年1000円)。

  PERは10倍以下。今後のマーケットを取り巻く環境を考えれば、輸出関連より内需関連銘柄に歩がある。下値を仕込んで内需関連銘柄人気の盛り上がりに備えたい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【話題】国内政局が緊迫!解散なら買いか、売りか(2012/08/05)
【アナリストの眼】上値追いのインテージ、好業績評価と選挙関連人気も(2012/08/05)
【銘柄診断】古河電気工業は足元の業績低調で見切売りが広がる、事業改革の進展に期待(2012/08/05)
【話題株】菊水電子工業は自社株買い活発で7月に約13%を取得(2012/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告