流出した次期iPhone 5と思われるパーツを組み立てて復元

2012年7月31日 07:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 iPhone 4Sが発売されて約9か月が過ぎ、次はiPhone 5がいつ発売されるのかが注目されているが、iPhoneの非公認修理サービスを提供しているiLab Factoryが、流出しているiPhone 5の部品とされるものを組み立てて、その姿を予想している(iLab FactoryのWebページ)。

 流出しているのは、バックプレートやフレックスケーブル、各種スイッチなど。外観は現行のiPhone 4Sと似ているも、サイドや背面のデザインや液晶サイズが変更されていることがうかがえる。

 スラッシュドットのコメントを読む | アップルセクション | アップル | iOS | iPhone

 関連ストーリー:
中国企業が「Siri」の特許を侵害したとして Apple を提訴 2012年07月11日
次世代 iPhone は 4 インチ画面を搭載? 2012年05月18日
iPhoneが携帯電話キャリアの利益率を圧迫 2012年02月12日
中国のFoxconn工場、10万人の人員増強か 2012年02月05日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告