人型入力デバイスQUMARION、6月21日から予約販売開始

2012年5月27日 11:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

セルシスは6月21日より、人型入力デバイス「QUMARION(クーマリオン)」とソフトウェア等をセットにした「QUMARION パッケージ」の予約販売を開始する(QUMARION公式サイトプレスリリース: PDFPC Watchの記事)。

QUMARIONはソフトイーサとビビアンが中心となって開発した「QUMA」技術を利用する人型入力デバイスで、人形を使用して簡単に3D-CGキャラクターを操作できるというもの。開発初期には熊のぬいぐるみが使われていた(/.J記事)。QUMARIONでは男女どちらのキャラクターでも違和感なくポージングできるように、中性的なデザインを採用。各関節に備えたセンサーからのデータを毎秒120フレームで取り込み、リアルタイムに3Dキャラクターに反映させることが可能だという。なお、パートナー企業向けには5月下旬から提供を開始し、先行プレビューの当選者も5月25日までに決定しているとのこと。

「QUMARION パッケージ」には交換用のパーツや工具などが同梱され、イラスト作成やモーション作成、キャラクター編集用のソフトウェアがダウンロード提供される。初回出荷限定価格は67,800円で、QUMARION専用スタンドや小冊子、ポスターなどが付属。発送は7月下旬の予定。 スラッシュドットのコメントを読む | idleセクション | idle | IT | 入力デバイス | ハードウェア | グラフィック | スラッシュバック | 変なモノ

 関連ストーリー:
ぬいぐるみモーションキャプチャシステム、発売決定 2011年11月24日
ぬいぐるみモーションキャプチャシステムのその後 2011年07月23日
ぬいぐるみモーションキャプチャシステムをソフトイーサが開発中 2009年11月02日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース