CNBLUEチョン・ヨンファ、理想の女性は誰!?

2012年4月28日 22:30

小

中

大

印刷

イケンメンバンドCNBLUE(シーエヌブルー)が、JTBCオーディションプログラム『メイド・イン・ユー』で理想の女性について語った。

イケンメンバンドCNBLUE(シーエヌブルー)が、JTBCオーディションプログラム『メイド・イン・ユー』で理想の女性について語った。[写真拡大]

写真の拡大

 イケンメンバンドCNBLUE(シーエヌブルー)が、JTBCオーディションプログラム『メイド・イン・ユー』で理想の女性について語った。

 CNBLUEは、『メイド・イン・ユー』の練習現場を訪れた。女性出演者に好きな女性のタイプを聞かれたチョン・ヨンファが「みんな好きだ」と答えると、出演者のチョン・ユヒが「この中から選んで!」と催促した。

 しばらく答えに悩んでいたメンバーだったが、まずイ・ジョンヒョンは「目が魅力的なチョン・ダウン」と答え、チョン・ヨンファは「質問をしてくれたチョン・ユヒさん」と気を効かせた答えを返した。そしてチョン・ヨンファはさまざまなモノマネ芸まで披露し現場を盛り上げたとのこと。

 そのほかにも、普段からCNBLUEを手本としてきたキム・ミンスンが、最初のミッションで歌ったCNBLUEの『愛の光』を歌い、曲を作ったチョン・ヨンファから称賛を受けた。また、CNBLUEとともにジェイソン・ムラーズの『geek in the pink』を熱唱し満足げな表情を見せた。

 合宿リアリティーオーディションを通じて参加者がアイドルに成長していく姿を描いた『メイド・イン・ユー』は5月6、13日の2回にわたり生放送を通じて最終優勝アイドルグループを選抜する。

 これまでのオーディション番組とは違い、グループで勝負を競うことになるこの対決、果たして賞金100万ドルはどのチームに渡るのか、大きな関心が注がれている。

 CNBLUEが12人のアイドルと共にしたラストミッション練習と生放送のステージに立つTOP3グループは29日、19時30分よりJTBCを通じて公開される。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。