チャン・グンソク、第48回百想芸術大賞「映画部門男性人気賞」受賞!

2012年4月26日 16:01

小

中

大

印刷

韓国の俳優チャン・グンソクが、26日の夜に開催される第48回ハイウォン百想芸術大賞で映画部門男性人気賞受賞の栄誉に輝く。

韓国の俳優チャン・グンソクが、26日の夜に開催される第48回ハイウォン百想芸術大賞で映画部門男性人気賞受賞の栄誉に輝く。[写真拡大]

写真の拡大

 韓国の俳優チャン・グンソクが、26日の夜に開催される第48回ハイウォン百想芸術大賞で映画部門男性人気賞受賞の栄誉に輝く。

 映画、ドラマ、音楽など多方面で活発な活動を繰り広げているチャン・グンソクが、26日の夜にソウルの蚕室オリンピックホールで開催される第48回百想芸術大賞の映画部門の男性人気投票で49.4%の高い得票率で1位となり、今年最もホットだった俳優シン・ハギュン、コン・ユを抜いて映画部門男性人気賞を受賞することになった。

 百想芸術大賞と縁が深いチャン・グンソクは、2010年の映画『梨泰院殺人事件』で圧倒的な支持を受けて映画部門男性人気賞を、2008年の映画『楽しい人生』では映画部門男性新人演技賞を受賞している。今回は映画『きみはペット』で映画部門男性人気賞の受賞となり、百想芸術大賞の映画部門で計3回受賞するという栄光を飾った。

 最もホットなスターになるにふさわしい百想芸術大賞の人気賞の栄誉を受けた彼は、今年も止まらぬ勢いで記録を作り続けている。

 チャン・グンソクは現在放送中のドラマ『ラブレイン』でフォトグラファーのソ・ジュン役を演じており、その無限の魅力が多くの‘ソジュンホリック’を生み出している。また、5月30日には日本正規1stアルバム『Just Crazy』をリリースする予定で、7月にソウル公演で幕を開ける‘2012チャン・グンソクアジアツアー 'で活発な活動を展開していく予定だ。(翻訳:中川)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事