写真の管理をFlickrから無料で容量無制限で写真をアップロードできるGoogleへ移管した

2012年3月27日 11:35

小

中

大

印刷

記事提供元:Smart Hacks

現在では、Google+に登録しているアカウントでは、「2048x2048ピクセル以内の写真や15分以内の動画は、保存容量にカウントされません」

現在では、Google+に登録しているアカウントでは、「2048x2048ピクセル以内の写真や15分以内の動画は、保存容量にカウントされません」[写真拡大]

写真の拡大

 以前、オンラインストレージを選択する際にFlickrとGoogle Picasaを比較検討しました。その時に挙げたポイントが以下のとおりです。

■Flickr
・年額25ドルで容量無制限
・iPhotoなど連携しているアプリが多い

■Picasa
・RAWデータの管理ができる(ただし、アップロードできるのが1ファイル20MBまでなので、カメラによっては厳しい)
・保存容量が増えるとFlickrよりもかなり割高になる

 そして、最近になってPicasaの状況が変わってきました。

■無料で容量無制限で写真をアップロードできるように
 現在ではPicasaに以下の新しい条件が追加されました。

 Google+に登録しているアカウントでは、「2048x2048ピクセル以内の写真や15分以内の動画は、保存容量にカウントされません」

 これにより、アップロードする写真のサイズを2048ピクセル以内に抑えれば、無料で容量無制限で写真をアップロードできるようになりました。

 写真を高解像度のまま保存しておきたい人は、この制約なく年間25ドルで容量無制限のFlickrの方がいいかもしれませんが、2048ピクセルで十分という方はPicasaの方がいいかと思います。

 また、スマートフォンのGoogle+アプリには「インスタントアップロード」という機能があり、スマートフォンで撮影した写真を自動的にGoogle+(Picasa)の非公開アルバムに登録してくれます。

 この時、2048ピクセルを超えるサイズの写真は自動的に2048ピクセルにサイズ変更されるので、この機能を使う限りは、無料で容量無制限で写真をアップロードすることができます。

■Google+やBloggerなど他のGoogleサービスとの連携が強力
 一番魅力を感じたのがこのポイントで、今回写真の管理を移管した主たる理由です。

 最近になってこの個人のブログをWordPressからGoogleのBloggerに移管したので、Bloggerと連携しているPicasaでの写真管理はかなり便利です。

 外出先で写真を見たいまたは見せたい時も、Google+とPicasaのアルバムが連動しているので、Google+アプリで写真を見ることができます。

 人によって必要となるポイントが違うので、一概にどのオンラインストレージがいいとは言いづらいのですが、自分のようにスマートフォンのみで写真を撮る人にはGoogle+(Picasa)での写真管理はかなり便利です。

※この記事は「Smart Hacks」の提供です。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース