自販機で無料ネット接続が可能に、アサヒ飲料がWi-Fi搭載自販機を展開開始

2011年12月27日 18:14

小

中

大

印刷

アサヒ飲料がWi-Fi搭載自販機を展開開始(写真:アサヒ飲料)

アサヒ飲料がWi-Fi搭載自販機を展開開始(写真:アサヒ飲料)[写真拡大]

写真の拡大

 アサヒ飲料は27日、アサヒカルピスビバレッジの展開する自動販売機において、無料ワイヤレス通信サービス「FREEMOBILE」を採用し、自動販売機周辺を無料Wi-Fiスポットとする機能を搭載した自動販売機を、2012年から飲料メーカーとして初めて展開すると発表した。

 これにより、Wi-Fi搭載自動販売機周辺(自動販売機中心に半径50m程度)では、NTTドコモ、SoftBank、au等の通信キャリアを限定せず、Wi-Fiに対応したすべての端末(スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコンなど)で、無料高速インターネット接続が利用可能になる。

 同自販機では、登録不要な「FREEMOBILE」とメール認証による登録が必要な「FREEMOBILE_SECURE」を用意し、利用者が選択可能としている。「WPA2-PSK」での暗号化に対応しておりセキュリティ面でも万全を期している。30分間連続接続が可能で、接続が切断した後の再接続も可能。また、Wi-Fi搭載自販機1台につき、Wi-Fi対応機器数十台程度まで同時接続が可能となっている。

 同社は、Wi-Fi搭載自販機を、屋内外問わず、公共施設、商店街、交通拠点など多くの利用客が見込めるロケーションを中心に展開していく予定。展開エリアは、仙台、首都圏、中部、近畿、福岡の5エリアを中心に、順次全国に拡大していく予定。初年度は1,000台の設置を目標に展開し、5年以内に10,000台超への規模拡大を目指す。

 今回展開するWi-Fi搭載自販機は、清涼飲料の販売という従来の機能に加え、商品情報をはじめ、自販機設置先にあわせた、例えば商店街の情報や地域情報、観光情報など様々なコンテンツを自ら発信することが可能。「アサヒ飲料では、自動販売機の担う清涼飲料を提供するという重要なライフラインとしての機能に加え、自ら情報を発信する情報発信基地としての機能を付与することで、自動販売機の設置先や清涼飲料を購入するお客様の利便性向上を図るとともに、地域社会の活性化や災害時の情報インフラとしても貢献するなど、新たな自販機事業のモデルを構築していく」と同社はコメントしている。

「食品製造業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース