SiriはMacの登場と同じくらい画期的?

2011年10月15日 13:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

capra 曰く、 iPhone 4Sに搭載された音声アシスタント機能Siriが我々とマシンの関わり方を変える革命的なものであるとする、James Allworth氏によるHarvard Business Reviewのブログ記事本家/.で話題となっている。

Appleは既存の技術を組み合わせて画期的な製品を生み出してきたという。最初のiPhoneはタッチスクリーンと音楽/メール/インターネットブラウズのできる携帯電話を組み合わせた画期的な製品となったが、これらの技術はすでに存在していた。Macintoshも同様で、グラフィカルユーザーインターフェイスやマウスは既存の技術であった。Siriが使用する音声認識とAI、音声合成も既存の技術だが、これらを組み合わせることで従来にない自然な操作が可能になっているとのこと。

音声により操作を行うSiriの利点は、我々が何千年も使い続けている意思疎通方法を使う点だ。話しかけることは人間にとって自然な行為であり、子供の時に最初に覚えることの一つでもある。そのため、携帯電話に話しかけて操作するという行為にもすぐに慣れるだろうとのこと。マウスよりもはるかに自然な操作ができるSiriの手法が携帯電話のみにとどまることはなく、コンピューターはもちろん、テレビなどでも利用できるようになることをAllworth氏は予想している。

Siriが日本語対応していないだけにその機能をフルに試せる/.Jerは多くはないかもしれないが、我々が端末に話しかけるのが日常となるのもそう遠い未来ではないのだろうか。

 スラッシュドットのコメントを読む | テクノロジー | mainpage | 携帯電話 | アップル | iPhone

 関連ストーリー:
Siriに「愛してるよ」と問うとどうなる? 2011年10月14日
米Microsoft、Xbox 360でTV番組配信へ 2011年10月10日
「Siri」、色々な意味で話題に 2011年10月07日
会話ができるコンピュータがあったら嬉しい ? それとも怖い ? 2011年02月28日
IBMのスパコン、クイズ対決でクイズ王に勝利 2011年02月18日
初音ミクとおしゃべりできる音声インタラクション構築ツールキット 2010年09月23日
ここまで進んだ音声認識のCTI 2001年09月05日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告