韓流 RSS

 

コン・ユ主演の韓国映画『るつぼ』、公開初日から動員数が首位

2011年9月24日 17:25

小

中

大

印刷

コン・ユ主演の韓国映画『るつぼ(トガニ)』が、公開初日から13万人を超える観客を動員し、初登場でボックスオフィス(観客数)首位に浮上した。

コン・ユ主演の韓国映画『るつぼ(トガニ)』が、公開初日から13万人を超える観客を動員し、初登場でボックスオフィス(観客数)首位に浮上した。[写真拡大]

写真の拡大

 コン・ユ主演の韓国映画『るつぼ(トガニ)』が、公開初日から13万人を超える観客を動員し、初登場でボックスオフィス(観客数)首位に浮上した。

 『るつぼ』は全羅南道・光州の聴覚障害者の学校で起きた性暴力事件をもとにした作品。映画を見た観客は衝撃的な実話に強い憤りとやるせなさをこみ上げた。またコン・ユ、チョン・ユミの熱演とベストセラー原作を土台にした物語の完成度の高さで好評を集めている。

 コン・ユは聴覚障害者学校に赴任した美術教師を演じ、校長と講師に虐待されていた生徒のことを世間に伝えるためにもがく過程を描く。2005年に実際に起きた事件をもとにしている。

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告