フライト:iPhone/iPod touchなどスマーフォンが簡単にPOS端末に!

2011年8月2日 16:56

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

米国でのモバイル決済取引は、08年度後半からスマートフォンに専用ケースを装着しクレジットカード決済を行えるソリューションが登場し、実績は10億ドルといわれたが、10年度には160億ドルに増加し、今後5年間で2,140億ドル(17兆1,200億円)へと13倍に拡大すると予測されている。

米国でのモバイル決済取引は、08年度後半からスマートフォンに専用ケースを装着しクレジットカード決済を行えるソリューションが登場し、実績は10億ドルといわれたが、10年度には160億ドルに増加し、今後5年間で2,140億ドル(17兆1,200億円)へと13倍に拡大すると予測されている。[写真拡大]

写真の拡大

「スマートPOSソリューション」専用アプリを提供

■米国のモバイル決済取引は5年後に13倍規模へと急拡大

  米国でのモバイル決済取引は、08年度後半からスマートフォンに専用ケースを装着しクレジットカード決済を行えるソリューションが登場し、実績は10億ドルといわれたが、10年度には160億ドルに増加し、今後5年間で2,140億ドル(17兆1,200億円)へと13倍に拡大すると予測されている。

  一方、10年度のわが国クレジットカード決済事情を見ると、クレジットカード発行枚数は3億2,233万枚、ショッピングに伴う信用供与額は44.3兆円(日本クレジット協会調べ)といわれ、10年前に比べて発行枚数で1.4倍、信用供与額で2倍超となっている。

■日本もカード決済急増時代へ!利便性向上へ新世代ソリューションを

  これからは、カード発行枚数以上にカードを利用した消費動向が注目される段階に来ている。それには、カード決済の利便性向上が大きな課題となるが、フライトシステムコンサルティング <3753> が、iPhone/iPod touchを活用したスマートPOSソリューション「POSマイスター」を開発、販売提供を開始した「POSソリューション」こそ、課題克服のソリューション。まさに新世代POSとして、POS業界へ新風を吹き込むことになりそうだ。※「POSマイスターサービス概念図」(イメージ図を参照)

■ロケーションフリー!~接客に新たなスタイル生むか

  POSマイスターは、iPhone/iPod touchの可動性を活かし、売り場で提案しながら、その場がレジに早や変わりし、クレジットカード・中国銀聯カード決済できるから、「接客のカタチ」が大きく変わり、新たなスタイルが生まれる。また、顧客はレジ待ちの苦痛から開放され、カードが手元を離れる不安がなくなり、安心して買いのもができることになる。

  一方、商店など売り手サイドでは、最小限の設備でPOSレジの設置ができるので、売り場スペースの拡大、レイアウトの柔軟性が生まれる。

  また最先端モバイル端末によるクレジットカード・銀聯カード決済においては、すでに実用化されている高度なセキュリティを実装しており、顧客は従来POSと変わらず安心して利用が可能だ。

■導入に3つのスタイルを提案

  今回フライト社が開発したPOSマイスターを使ったには、以下の3スタイルがある。どのモデルが最適か、POSマイスター導入検討の際、各社の現状に応じ、導入モデルを決めることになる。スタイル1:「コンパクトASP」モデル、スタイル2:「既存POS共存」モデル、3:「決済だけ」モデル。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【近況リポート】トシン・グループ:今12年5月期は一段と力強い回復力を示すか(2011/08/02)
「任天堂にソニー・ショック」の再来?なぜ小幅安でとどまったか?=浅妻昭治(2011/08/01)
電子書籍関連銘柄特集(3)=競争が一段と激化するタブレット型携帯端末市場(2011/05/10)
地熱発電特集(4):地熱発電を国内・海外で事業展開する主要な関連企業(2011/05/08)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告