Androidアプリのランキング上昇原因を分析「QuerySeeker Analyze」

2011年4月12日 14:31

小

中

大

印刷

アンドロイドマーケットのランキング情報のイメージ図

アンドロイドマーケットのランキング情報のイメージ図[写真拡大]

写真の拡大

 クエリーアイ(名古屋市中区)は12日、スマートフォン・アプリの分析ツール「QuerySeeker Analyze(クエリーシーカー アナライズ)」Android版を同日販売開始すると発表した。口コミやWebサイトの情報から、アプリのランキングの上昇の原因を過去に遡って検証するなどの分析が行える。

 同サービスは、昨年12月にiPhone/iPadアプリ向けマーケティング分析ツールとして発売したもので、今回Androidアプリに対応した。

 分析対象は、(1)アンドロイドマーケットの1時間毎のランキング情報、(2)ツイッター(Twitter)のストリーミング・データから得られたクチコミ情報(3)、インターネット・ニュース・メディアやブログの情報の三つ。

 ランキングはアンドロイドマーケットのWebサイトに掲載されている「人気順」アプリを1時間毎に記録したもの。ランキング種別は有料、無料、各種カテゴリ(総合、ゲーム等)の全72カテゴリで、最大300位までの順位を記録する。ランキング取得の対象国は当初、日本、アメリカの2カ国だが、順次拡大する予定という。

 ツイッターのストリーミング・データは、スマートフォン関連のキーワードを含むメッセージのみをフィルタリングしたデータを24時間受信。メッセージ中にURLが含まれている場合、そのWebサイトにアプリに関わる情報が記載されているかをチェックし、記載アプリが何かを特定してデータベース化する。Twitterのメッセージは日本語、英語に対応している。

 インターネット・ニュース・メディアやブログの情報は、スマートフォンアプリのニュースやレビュー、価格変動情報などを取り扱っている主要サイトをチェックし、掲載されているアプリが何かを特定してデータベース化する。

 これらの収集データを利用して、口コミやWebサイトの情報、ランキングの上昇の原因を過去に遡って検証したり、ほぼリアルタイムに可視化できるという。

 提供価格は1カ国あたり、初期費用155,400円、月額利用料金155,400円。

関連情報

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース