iPhone X、分割払いの審査に通らない人続出? 10万円超える価格が原因か

2017年11月6日 16:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 先日販売が開始されたAppleの最新スマートフォンiPhone Xだが、分割払いのためのローン審査が通らず購入できない人が多発しているという話が出ている(Togetterまとめ)。

 昨今ではスマートフォンの購入時、一定期間の契約継続を条件に月額料金を一部割り引くサービスが提供されている。これによって端末代金が見かけ上安く購入できるように見えるが、実際のローン契約については端末代金全額が対象となる。iPhone Xの「実質負担額」はたとえばソフトバンクの場合64GBモデルで5万4,000円だが、実際のローン金額は13万1,040円となっている。

 今回ローン審査が通らない人が増えた原因は、この「10万を超えるローン」にあるという。ローン販売などを規制する割賦販売法では消費者が収入に見合わないローンを組まないよう、クレジット業者に対し「支払可能見込額」の算定を行うよう義務付けられている(経済産業省)。これには「比較的少額(10万円以下)の生活に必要な耐久消費財に係る個別クレジット契約については、延滞していないこと等を確認することを条件に、支払可能見込額調査を行いません」という例外が設けられているため、10万円以下のローンでは基本的に支払い可能見込額の調査は行われないが、iPhone Xの場合は10万円を超えているため年収ベースの審査が行われ、それによってローンを拒否されるケースがあるようだ。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 携帯電話 | お金

 関連ストーリー:
破損スマホも残金なしで機種変、FREETELが端末+データ+通話放題で月1590円の新プラン 2016年11月24日
大手キャリアのスマホがSIMロックフリーでないのは「転売」が原因? 2016年11月16日
公正取引委員会が現在の携帯電話端末販売方式について「課題」を指摘 2016年08月12日
auが機種変更時に分割払い残債支払いを免除するプログラムを提供へ 2015年01月20日
一部のソフトバンクショップで突然請求される「本来の頭金の意味でない頭金」にご注意を 2009年06月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクAppleiPhone経済産業省iPhone X

「ケータイ・スマホ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース