1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

rss

南極の氷床の融解が進んでいることはたびたび話題となっているが、氷床の融解の原因は地球温暖化だけではなく、地球内部からの熱も影響しているという説が最近議論されているという(Business Insider)。 11/17 22:32

数十万年前に絶滅したとされているホラアナライオンのミイラ化した死骸が、ロシアの永久凍土から発見された。 11/17 10:42

約77万~12万6千年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになったそうです。 11/15 08:31

フルオレニリデン-アクリダンの色の変化。乳鉢ですりつぶすと黄色から濃い緑色に変化する。(画像:東京大学発表資料より)

東京大学の研究グループが、力を加えることによって色が変化する分子を発見した。 11/14 11:31

参考画像。(画像:東北大学発表資料より)

小惑星クラスの巨大隕石が地球に衝突した場合、生物の多くが絶滅するほどの気象変動などを引き起こすという説はよく知られている。 11/13 06:34

普通のガラス製品(左)と、コンピュータシミュレーションによって計算されたガラス分子の不規則な配列。(画像:東京大学発表資料より)

ガラスは身近なマテリアルでありながら、謎の多い存在である。 11/05 08:12

クフ王のピラミッド

名古屋大学らの国際研究チームは2日、クフ王のピラミッド内部に長さ30メートル以上の巨大な空間があるとの調査結果を、英科学誌ネイチャーで発表した。 11/04 16:28

大阪大学の研究グループは、筋ジストロフィーの一種である筋強直性ジストロフィーにおける筋委縮の発生が、インターロイキン6という物質によるものである事実を解明した。 11/04 06:49

マウス大脳皮質のマイクロカラムとその格子配列。(画像:理化学研究所発表資料より)

理化学研究所(理研)は、哺乳類の大脳皮質が、単純な機能単位回路となる六方格子状の構造(マイクロカラム)を持つことを発見した。 11/04 06:31

体内時計のイメージ。

体内時計の乱れは時差ぼけなどをもたらすことで知られる。 11/01 11:32

システインの化学式。

我々は酸素を代謝し、二酸化炭素を排出する。 10/29 21:02

中性子星合体をおこした重力波源 GW170817 の想像図。(写真:国立天文台発表資料より)

今年のノーベル物理学賞は、世界で初めて重力波を観測したキップ・ソーン博士ら3氏が受賞した。 10/28 16:22

ピノ・ノワール。

地球温暖化には様々な副作用があるようだ。 10/27 17:29

産総研で保管する日本国キログラム原器。(画像:産業技術総合研究所発表資料より)

質量の単位「グラム」の定義が、来年にも変更される見通しとなっている。 10/25 12:04

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告