1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

rss

マレーシアのセマン族である280人が話す言語が新たに発見された。 02/16 08:10

研究の概略。 (画像:東京医科歯科大学発表資料より)

Developmental Origins of Health and Disease(DOHaD)仮説。 02/15 22:51

煙霧粒子によって上空に運ばれふたたび空から地面に落ちてくるウィルスの数は、1平方メートルあたり数百万に上る、という研究結果が発表された。 02/15 17:19

(画像:東北大学発表資料より)

従来、物理法則には「量子速度限界」と呼ばれるミクロなスケールの運動に関する不等式が存在するが、これはミクロなスケールに限られるものであると考えられてきた。 02/14 17:02

水とシリカ:地球上に最も豊富に存在する液体と固体。 (画像:東京大学発表資料より)

地球上でもっともありふれたふたつの液体と固体である、水とシリカ。 02/14 11:53

海馬アストロサイトのCa2+シグナル (2光子励起顕微鏡)。モデルマウスでは巨大なCa シグナル(AxCaシグナル、囲い線部分)が観察される。 (画像:山梨大学発表資料より)

山梨大学、慶応大学、京都府立医科大学、理化学研究所からなる共同研究グループは、マウスを用いた実験によって、非常に稀な難病であるアレキサンダー病が、アストロサイトと呼ばれる脳細胞のCa2+シグナル興奮性が高くなることによって引き起こされていることを明らかにした。 02/14 11:00

フランス・ボルドーのブドウ畑。

フランスのボルドーとカリフォルニアのナパ・ヴァリーで栽培されているブドウの木は、干ばつに対して予想以上に抵抗力があることが判明した。 02/08 12:42

研究のイメージ。(画像:京都大学発表資料より)

従来、人間の聴覚刺激すなわち音波に対する知覚と反応は、聴覚、すなわち耳と聴覚器官を経由することによってのみ生じると考えられていた。 02/07 14:13

研究成果のイメージ。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学とスイス・チューリッヒ大学の共同研究グループは、ヒトの直立二足歩行の起源を明らかにした。 02/05 21:12

インドで、38万5千年前のものと推測される石器が出土した。 02/05 07:55

アルツハイマー型認知症の原因となる物質を、わずかな血液で検査できる方法が開発された。 02/04 12:05

森永乳業は31日、病態モデル動物を用いたアルツハイマー型認知症(以下アルツハイマー病)の予防効果の検討を行った結果、ビフィズス菌A1が、アルツハイマー病の発症を抑える可能性のあることを確認したと発表した。 02/03 16:48

イスラエルの洞窟で見つかった人間の顎骨の化石により、現生人類が定説より4万年以上早く、アフリカから中東へ移動していたことが判明した。 01/31 16:50

ハーバード大学の研究チームは、音楽が持つ普遍性について新たな研究結果を生物学専門雑誌「カレントバイオロジー」に発表した。 01/31 08:15

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告