1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 研究・開発(1)

研究・開発のニュース一覧

rss

イーロン・マスク氏が7日、Teslaで独自のAIチップを開発していることを明らかにしたそうだ。 12/11 09:28

積水化学工業が、ごみをガス化してそれを微生物によってエタノールに変換する技術を開発したと発表した(ITmedia)。 12/09 18:21

今回開発したバイオマス燃料の触媒の一つ。(写真: 昭和シェル石油の発表資料より)

昭和シェル石油は7日、東北大学大学院工学研究科冨重圭一教授の研究グループとの共同研究により、バイオマス原料からガソリン基材として利用可能なヘキセンの生産に成功したと発表した。 12/09 07:09

SamsungのAdvanced Institute of Technologyが、リチウムイオン電池の性能を向上させることができる「グラフェンボール」という物質の生成に成功したそうだ(GIGAZINE、Nature Communications掲載論文、Digital Trends、Slashdot)。 12/06 21:01

地球温暖化が最悪のシナリオで進行を続け、21世紀末に地球上の平均気温が現在よりも3度以上高くなった場合、日本の南海上に猛烈な台風が増える可能性が高いという研究結果を発表した。

気象研究所の研究グループは、このまま政策的な地球温暖化(以下、温暖化)の緩和策が行われず、最悪のシナリオで進行を続け、21世紀末に地球上の平均気温が現在よりも3度以上高くなった場合、日本の南海上からハワイ付近およびメキシコの西海上にかけて猛烈な台風が増える可能性が高いという研究結果を発表、世界で初めて温暖化が台風に与える影響を海域ごとに明らかにした。 12/04 08:47

カーボンナノチューブを放熱材料として適用(写真:富士通研究所の発表資料より)

富士通研究所は11月30日、高熱伝導性と耐熱性を両立する垂直配向カーボンナノチューブ(CNT)から構成された世界最高の放熱性能を持つ高熱伝導カーボンナノチューブシートの開発に成功したと発表した。 12/03 15:40

開発された治療法の概略。(画像:東京医科歯科大学発表資料より)

東京医科歯科大学と名古屋大学からなる共同研究グループは、エレクトロニクスフリーかつタンパク質フリー、すなわち、機械的構造を持たず、タンパク質をも利用しない、しかしインスリンの自律的放出を行う機能を持った、人工膵臓の開発に成功した。 11/30 15:41

パナソニックがロボット向けの非接触給電ユニットを開発しているという(日刊工業新聞)。 11/30 13:13

研究成果のイメージ図(画像: 東京大学の発表資料より)

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らのグループは28日、物質・材料研究機構の館山佳尚グループリーダーらとの共同研究により、消火機能を備える高性能有機電解液を開発したと発表した。 11/29 17:10

双腕型マルチモーダルAIロボット(写真:デンソーウェーブの発表資料より)

デンソーウェーブ、ベッコフオートメーション、エクサウィザーズは24日、多指ハンドを装着した双腕型ロボットアームをリアルタイム制御し、不定形物を扱う複数の作業を同一のロボットアームで実現する近未来型の「マルチモーダルAIロボット」を開発したと発表した。 11/27 16:39

Uberが自律走行自動車で乗客の車酔いを防ぐシステムの特許を出願していることが判明した。 11/27 10:13

ノボシビルスク周辺の観測に使用していた航空機。(写真:国立環境研究所発表資料より)

大気汚染の指標の一つに、大気中メタン濃度がある。 11/27 05:13

TMR磁気センサを用いた脳磁計の概念図(写真:東北大学の発表資料より)

東北大学とコニカミノルタは24日、室温で簡便に動作する、高感度かつ高分解能のトンネル磁気抵抗(TMR)素子生体磁気センサ(以下、TMR磁気センサ)を開発し、脳活動の一つであるα波の検出や心磁場の検出に成功したと発表した。 11/25 22:20

「超偏平アクチュエータ」(写真:日本電産発表資料より)

日本電産シンポは、モノづくり日本会議と日刊工業社主催の「2017年"超"モノづくり部品大賞」において、同社の「超偏平アクチュエータ」が大賞を受賞したと発表した。 11/25 15:31

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告