1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 研究・開発(1)

研究・開発のニュース一覧

rss

J-PARCセンター施設公開2017のストーリーでリンク先にアクセスしたとき気付いたが、産総研の触媒化学融合研究センターのプロジェクトチームがガラスの基本単位であるオルトケイ酸の結晶化に成功したと報じられている(J-PARCプレス発表、EE Times Japan)。 08/15 21:26

テンダが提供する「予知するアンテナ」は、電気通信大学の早川正士名誉教授による地震予知理論をベースとした個人向けの地震予知サービスで、7月に起きた震度5以上の地震を全て的中させた。

テンダが提供する個人向け地震予知情報配信サービス「予知するアンテナ」が、7月に起きた震度5以上の地震を全て的中させたということで話題になっている。 08/14 21:43

岩壁を覆うコケ植物。北海道苫小牧市で撮影されたもの。(写真:北海道大学発表資料より)

福井県立大学と北海道大学の共同研究グループは、コケ植物を利用して都市の大気環境を効率よく評価する方法を開発した、と発表した。 08/14 07:06

新開発のモスアイ構造のスチールウールによる擦過試験の画像。左が新開発されたもので、擦過後も構造へのダメージが少ないことが分かる。(画像:東京理科大学発表資料より)

東京理科大学とオーテックス社の共同研究グループは、新しく開発した樹脂を用いて「モスアイ構造」を転写することに成功した。 08/13 07:16

茨城県東海村の日本原子力研究開発機構 J-PARCセンターで8月20日(日)、今年度の施設公開が行なわれる(J-PARC 施設公開2017)。 08/12 19:54

ヨウ化鉛メチルアンモニウムの構造。(画像:日本原子力研究開発機構発表資料より)

現在実用化されている太陽電池の多くは、シリコンを使ったものであるが、日本原子力研究開発機構(JAEA)は、次世代の太陽電池素材としてこれに代わる「ペロブスカイト半導体」に着目、その特性の一部を解明したと発表した。 08/12 09:43

チューブ中を高速で移動する交通機関「ハイパーループ」を開発するhyperloop oneが、米ネバダ州でハイパーループ車両「XP-1」の試験走行を行った(WIRED)。 08/11 16:05

核融合反応のイメージイラスト。

岐阜県土岐市にある自然科学研究機構核融合科学研究所(核融合研)が、独自の技術である超伝導核融合プラズマ実験装置LHD(大型ヘリカル装置)を用いて、プラズマ中のイオン温度1億2,000万度を達成することに成功したと発表した。 08/11 07:24

米マサチューセッツ州ウォーバーンのIonic Materials社が、リチウムイオン電池の代替となる電解液を使用しないアルカリ充電池を開発しているという。 08/09 21:20

画像はイメージです。

生理学研究所、九州大学、群馬大学、東京大学、京都大学による共同研究グループは、抗がん剤投与によって発現する心筋細胞膜のTRPC3チャネルが活性酸素を発生させ、心筋細胞の委縮を招くメカニズムを発見、さらに、TRPC3チャネルを阻害する化合物が抗がん剤誘発性心不全を軽減することを明らかにした。 08/08 12:27

7月29日、兵庫県で小学5年生が「ヤマカガシ」と見られる毒ヘビに噛まれる事故が発生した(ハフィントンポスト)。 08/08 09:33

飛行試験用のFedEx社の大型貨物機。(写真: JAXA/ボーイング社の発表資料より)

2日、JAXAとボーイングは、晴天乱気流による事故半減を目指したシステム「SafeAvio」を開発し、ボーイング社のエコデモンストレーター・プログラムの一環として、2018年に大型貨物機に搭載して飛行試験を行うと共同発表した。 08/07 21:13

画像はイメージです。

7日の日本経済新聞は万能細胞「iPS細胞」を使って、血液成分の血小板を量産する技術を世界で初めて確立したことを伝えている。 08/07 17:42

龍谷大学農学部は、「納豆とスパイス」という研究で、レモングラスが、納豆の味を損ねずに独特の臭いを緩和する事を発見し、製品化へのアイデアを発案した。

近年、香辛料(スパイス及びハーブ)に含まれる機能性成分に注目が集まっている。 08/01 16:17

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告