1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 銘柄フラッシュ(1)

銘柄フラッシュのニュース一覧

rss

22日は、東証1部の値上がり率1位がクロップス<9428>(東1)となり、連結子会社テンポイノベーションの10月上場決定などが好感されて朝からストップ高買い気配を続け、大引けでストップ高の17.4%高。 09/22 16:47

21日は、東証1部の値上がり率1位が新日本理化<4406>(東1)の20.4%高となり、特段、最新の会社発表ニュースや証券会社による投資判断は出なかったが、仕手色が強く、動き出すだけで「何かある」と注目を集める銘柄とされ、再び目先資金が集まったようだ。 09/21 21:23

20日は、構内搬送機器などのキトー<6409>(東1)が12.7%高となり、東証1部の値上がり率1位。 09/21 07:13

イトクロ<6049>(東マ)に注目したい。 09/20 16:46

モロゾフ<2217>(東1)に注目したい。 09/20 13:49

19日は、衆議院の解散観測を受けて選挙関連銘柄が動意を強め、コールセンターなどのリライアコミュニケーションズ<4708>(東1)は一時9.1%高となり大引けは3.1%高。 09/19 21:29

14日は、北朝鮮のアジア地域関連組織が、日本列島を核兵器で海に沈め、国連を廃墟と暗黒にする、といった意味の声明を発したと伝えられ、防衛関連株の石川製作所<6208>(東1)が14時30分過ぎにかけて一段高の22%高となったが、その後は急速に値を消して9.5%高。 09/15 07:00

13日は、東証1部の値上がり率1位が日清紡ホールディングス<3105>(東1)となり、13日朝「固体高分子形燃料電池の電極に用いるカーボンアロイ触媒の実用化」を発表し、「白金使わぬ燃料電池、材料コスト数千分の1」(日本経済新聞9月13日付朝刊)と伝えられ、朝からストップ高買い気配のまま値がつかず、大引けにストップ高で値がつき25.5%高。 09/13 16:52

12日は、東証1部の値上がり率1位が2日続けてチタン工業<4098>(東1)となり、このところEV(電気自動車)関連株物色が広がる中でチタン酸リチウムが次世代電池の開発に注目され、中国が英、仏に続いてガソリン車、ディーゼル車を全廃の方針と伝えられたことが騰勢に拍車をかける格好になり2日連続ストップ高の27.2%高。 09/13 07:01

11日は、チタン工業<4098>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、次世代電池に用いられるチタン酸リチウムを念頭にEV(電気自動車)時代の本格到来や非接触給電などの関連株との見方が言われ、さらには今年のノーベル賞候補にも関連かとの推測も聞かれて急伸しストップ高の37.4%高。 09/11 16:58

8日は、東証1部の値上がり率1位がN・フィールド<6077>(東1)となり、10月5日に上場する児童発達支援や障害者就職支援などのウェルビー(銘柄コード番号6556、東証マザーズ)の前人気を先取る銘柄との見方や、ゴールドマン・サックス証券による注目開始、目標株価3600円などが好感されてストップ高の24.6%高。 09/08 17:02

7日は、東証1部の値上がり率1位がモリテックスチール<5986>(東1)となり、材料株物色のホコ先がEV(電気自動車)関連株に向きリチウムイオン電池事業などが注目されてストップ高の24.6%高。 09/07 16:36

5日は、石川製作所<6208>(東1)が北朝鮮を巡る懸念を材料に連日急伸し、後場も一段ジリ高となって大引けにかけてついにストップ高となり23.4%高。 09/06 06:50

4日は、東証1部の値上がり率1位が内田洋行<8057>(東1)となり、北朝鮮の核実験を受けて全体相場を取り巻く雰囲気が手控え・様子見に傾く中で、発行済株式総数の3.97%に相当する40万株を上限に自社株買いを行うことが好感されて11.8%高と飛び出すように急伸し高値を更新。 09/05 07:07

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告