1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 外交・国際関係(1)

外交・国際関係のニュース一覧

菅義偉官房長官は18日の記者会見で、韓国政府が南北軍事当局者会談や南北に別れて暮らす離散家族の再会に向けた『南北赤十字会談』を北朝鮮に申し入れたことの受け止めを記者団に聞かれ「南北軍事当局者会談は軍事境界線付近での敵対行為を中止するというものであり、北朝鮮への圧力を強化するという日米韓の方針との関係で問題になることはない」と語った。 07/18 20:40

安倍晋三総理は17日の海の日にちなみ、来春に予定する「次期海洋基本計画」について「海洋の産業利用と共に、海洋の安全保障を幅広く捉え、領海警備、治安確保、災害対策、離島保全といった課題への取り組み強化など、海洋を巡る諸状況を適切に踏まえた『総合的な計画を策定』し、広範にわたる海洋政策を、国を挙げて戦略的に推進していく」とのメッセージを発表した。 07/18 08:58

安倍晋三総理は14日、自らが本部長を務めるTPP等総合対策本部会合で「TPPの早期発効をめざし、11月のAPEC首脳会合に向け、各国と緊密に連携し、スピード感をもって議論を前進させていきたい」と早期発効への意欲を改めて示した。 07/15 14:53

岸田文雄外務大臣は11日の記者会見で、韓国の女性家族相が一昨年12月の慰安婦を巡る日韓合意に対し、再協議の意向を示すとともに、戦争がもたらした人権侵害を記憶し、注意を喚起する役割を目指し、慰安婦博物館をソウル市内につくりたい意向まで示したことに「一昨年の日韓合意については慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決について日韓間で解決したもの」と語るとともに「国際社会から高く評価された合意が着実に実施されることが重要」と強調した。 07/12 15:54

安倍晋三総理は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と7日、G20首脳会議を活用し、初の首脳会談を行った。 07/10 08:04

稲田朋美防衛大臣は7日の記者会見で、北朝鮮が4日に発射した弾道ミサイルについて「飛翔高度・距離等を踏まえれば、最大射程が少なくとも5500kmを超えるとみられることからICBM級の弾道ミサイルであると考えている」とした。 07/08 11:51

北朝鮮の朝鮮中央放送は4日午後3時(日本時間の同日午後3時半)に特別重大報道として、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功した、と伝えた、と韓国・聯合ニュースが報じた。 07/04 21:03

菅義偉官房長官は4日午前、記者会見し「午前9時39分頃、北朝鮮西岸から弾道ミサイルが発射され、約40分間飛翔し、日本海の我が国の排他的経済水域(EEZ)内に着水したとみられる」と発表した。 07/04 21:00

米南部ジョージア州のブルックヘブン市内の公園に全米で3体目になる旧日本軍従軍慰安婦を象徴する少女像が設置されたと聯合ニュースが伝えた。 07/03 11:18

政府がF-35A用としてノルウェーが開発中である対地攻撃も可能なジョイントストライクミサイル(以下JSM)の導入の検討を始めたと読売新聞が報じている。 06/29 17:02

岸田文雄外務大臣は21日の記者会見で、同日約25分にわたり行った韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官との電話会談で「北朝鮮情勢について議論し、北朝鮮の非核化に向けて日韓・日韓米で緊密に連携し、圧力を強化していくことを確認した」と語った。 06/22 17:55

稲田朋美防衛大臣は20日、記者会見し、ASEAN全加盟国の士官とASEAN事務局員をシンガポール周辺海域で航行中の護衛艦「いずも」に招き、国際法セミナーや訓練を見学してもらうと語った。 06/22 08:11

稲田朋美防衛大臣は自民党の国防関係会合で国防費についてNATOがGDP2%を目指していることを参考にすべきなどの意見があることについて、20日の記者会見で記者団の問いに答え「党内で検討・議論されている内容の逐一に関し、政府の立場からコメントすることは差し控えたい」としたうえで「防衛関係費のあり方に関し、GDPと機械的に結び付けることは適当ではないと考えている」と述べた。 06/22 08:06

岸田文雄外務大臣は16日の記者会見で、テロ等準備罪の成立を受け「政府として、できるだけ早期にこの国際組織犯罪防止条約の締結をしたいと考えている」と語った。 06/17 10:28

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告