1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > インターネット・セキュリティ(1)

インターネット・セキュリティのニュース一覧

Googleは、フェイクニュース対策の一環として検索結果の一部で事実検証結果を表示する機能を導入すると発表した。同社は昨年10月、すでに一部の国を対象にGoogle Newsでの事実検証ラベルを導入済み。PolitiFactやSnopesといった外部のファクトチェック機関からの記事の検証が得られればラベルが表示され、「事実」「虚偽」「どちらともいえない」との結果を示す。

米大統領選以来、フェイクニュースや誤った情報の拡散に対する問題意識が高まっている。 04/23 13:27

形の似た文字をドメイン名に使い、フィッシングサイトなどを正規サイトに偽装する「IDNホモグラフ攻撃」は以前から知られており、Webブラウザー側での対策も行われているが、Google ChromeとMozilla Firefoxの対策を迂回する方法が発見されたそうだ(Xudong Zheng氏のブログ、Wordfenceのブログ、Register、Neowin)。 04/21 21:33

楽天は21日、英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始し英語教育事業に参入すると発表した。 04/21 17:02

昨年、GoogleがAndroid端末にGoogleサービス関連アプリをプリインストールさせていたことについてロシア政府が独占禁止法違反とする判断を下したが(過去記事)、このほどGoogleとロシア当局との間でこの問題に対する対応に関して合意に至ったという(ロイター、ITmedia、Slashdot)。 04/21 11:10

ヤフーは20日、提供する各サービスでパスワードを使わないログイン方法の導入を順次開始すると発表した。 04/21 05:15

Amazon.co.jpが展開する、一時地域を対象に注文から1時間以内で商品を届けるサービス「Prime Now」が、ドラッグストア「ココカラファイン」や「マツモトキヨシ」、そして日本橋三越本店の商品にも対応した(ITmedia)。 04/20 21:26

The Shadow Brokersを名乗る人物またはグループは、米国家安全保障局(NSA)がサイバー攻撃に使用しているというツールやエクスプロイトを今年に入ってたびたび公開している。 04/19 19:20

販売時に薬剤師による情報提供が義務づけられている第1類医薬品のネット販売についてはかつて大きな議論となり、最高裁での判断を仰ぐ形となった(過去記事)。 04/19 16:41

インターネット・アーカイブはJavaScriptベースのエミュレータを使ったSystem 7のアプリが利用できるコレクションのページを公開した(Internet Archive Blogs、Appleちゃんねる)。 04/19 16:39

映像配信サービス「大阪チャンネル」のスマートフォンのアプリ画面と「ひかりTV」の画面(NTTぷらら発表資料より)

NTTぷららと吉本興業は18日、関西のテレビ放送局と連携した映像配信サービス「大阪チャンネル」の提供を25日から開始すると発表した。 04/19 06:23

大手製薬会社バイエル薬品の従業員が、患者で無断にカルテを閲覧しその一部を書き写していたとの報道が出ている。 04/17 18:46

連邦成立150年を迎えたカナダでは、記念10ドル紙幣が発行されます。 04/15 21:09

東京商工リサーチが発表した「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」調査によると、2012年から2016年の5年間で上場企業およびその子会社で発生した個人情報漏えい事件は、公表されているだけで424件、7545万人分だそうだ。 04/14 21:35

米オハイオ州の刑務所で、受刑者数人が刑務所内でこっそりPCを組み立て、それを使って不正アクセスを行うという事件が発生した(CNN、Huffington Post、Slashdot)。 04/14 21:29

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告